消費者金融でお金を借りるには?

投稿日:

お金を借りたい、そんなときはどんな方法が頭に浮かぶでしょうか。銀行のカードローンや消費者金融などそれぞれで、いくつもの商品が展開されています。

今回は銀行など、ほかの金融機関のカードローンとの比較も交え、消費者金融での借り入れについてみていきます。

銀行ローンと消費者金融のちがい

カードローンには、銀行が発行する銀行系カードローンと、信販会社やクレジット会社が発行する信販系カードローンがあります。

消費者金融が発行しているカードローンを消費者金融系カードローンとよび、それぞれに特徴があります。

銀行系カードローンは総量規制の対象になりません。総量規制とは個人の借り入れの場合、総額が年収の3分の1までに制限される規制をさします。

すでに総量規制に達している場合には銀行カードローンが使用できます。ただし、銀行系カードローンは即日審査・即日融資に対応していません。

信販系カードローンには、信販会社やクレジット会社独自のサービスが付加されていることがあります。回数制限はありますが手数料が無料になるなどのサービスが受けられます。

消費者金融系カードローンは個人向けの小口融資が一般的で、ローンサービスに特化していることがほとんどです。

即日審査・即日融資に対応し、ローン契約機を設置するなどしているところがあります。

目的別ローン

商品のひとつに目的別ローンを実施している消費者金融があります。目的別ローンは、借り入れた資金の用途が限定されている商品です。

冠婚葬祭費用や、医療費、教育資金のほかに、ライセンス取得のための費用や、旅行費用に充てることができるものもあります。

目的は限られていますが、目的に付随する費用をまかなう分も含まれるため、意外に広い範囲で適用されています。

目的別ローンは、借り入れ資金の用途が限定されるため、通常のローンより低い利息で借り入れることができます。

目的別ローンの借り入れには、借り入れに申請した目的に資金を利用したことがわかる証明書等が必要です。

目的別ローンは、目的をしばらないフリーローンにくらべ審査がきびしく、即日の融資は難しいようですがフリーローンより低い金利が魅力です。

使途がはっきりとした借り入れの場合は金利のお得な目的別ローンを検討してみてください。

目的別ローンは、資金使途が特定の目的に限定された、個人向けのローン(融資)をいいます。 ... 通常、融資の申込みの際には、資金使途を確認するために書類(証明書など)の提出が必要であり、また融資の実行の際には、相手先(支払先)への直接入金などを条件としていることが多いです。

引用:www.ifinance.ne.jp

レディースローン

レディースローン、レディースキャッシングとよばれる女性専用のカードローン商品があります。

女性スタッフが応対する女性専用ダイヤルが設けられている消費者金融もありますが、基本的には一般のカードローンと変わりありません。

通常のレディースローンの利用条件は、20歳~69歳で本人に安定した収入があることとされています。そのため専業主婦などは借り入れ対象外となります。

利用条件などは一般のローンと同じですが、レディースという商品名で女性利用者の心理的負担を減らすのが目的といえます。

カードローンでの借り入れに不慣れで、借り入れを不安に感じる女性向けに作られた商品です。

女性専用キャッシングとは、日本において女性のみを対象に融資を行う消費者金融の事を言う。俗にレディースローン、レディースキャッシング。女性専用ローンとも言う。

引用:wikipedia.org

ビジネスローン

消費者金融は、個人消費者向けの小口貸し付けが主流ですが、事業者向けの融資事業を展開しているところもあります。

消費者金融のビジネスローンは、銀行系のビジネスローンにくらべ審査がとおりやすいのが特徴です。個人事業主でも借り入れがしやすく、申し込みから融資をうけるまでのスピードも、銀行系ビジネスローンと比較すると短いといえます。

消費者金融系ビジネスローンは、銀行系ビジネスローンと比較すると、金利が高く設定されています。また、銀行系ビジネスローンほどの高額の借り入れができません。

消費者金融ビジネスローンは短期間で返済予測のついている少額の借り入れの場合に向いています。

「ビジネスローン」とは、中小企業や個人事業主に向けた「事業性の無担保ローン」の通称です。 かつては大企業への融資を中心としていた大手銀行(メガバンク)が中小企業への融資し始めた(平成10年頃)のをきっかけに、大手銀行や地方銀行でビジネスローンの提供が実施されています。

引用:www.kit-consultant.com

おまとめローン

ほかからの借り入れを一本化する「おまとめローン」商品は消費者金融でも取り扱いがあります。

消費者金融のおまとめローンを利用すると、借り入れ先が一か所になる、すなわち返済先も一か所になります。なんどにも分けて到来する返済期日をうっかり忘れてしまったり、返済のために何軒もの店舗をまわる必要がなくなります。

借り入れを一本化することで、一か所からの借り入れ金額がまとまった金額になりますので、場合によって金利をおさえることができます。

金額がまとまり高額になることで、おまとめローンの審査はきびしくなります。審査時に提出する書類は新規借り入れのときより細かく請求されることが一般的です。過去の借り入れが返済できていない場合や、延滞があった場合は審査の対象となりますのでご注意ください。

おまとめローンは債務を一本化することができ、条件によっては金利が低くなる可能性がありますので、数か所からの借り入れがある場合は検討してみてください。

おまとめローンとは、銀行が多重債務者に低金利で融資を行っているローン商品である。

引用:ja.wikipedia.org

消費者金融のフリーローン

フリーローンとは、借り入れ資金の使途をしばることなく自由に利用できる借り入れ金のことです。消費者金融でのカードローン全般をフリーローンと総称することがあります。

銀行系ローンにおけるフリーローンの場合は、低金利で使用目的を問わない借り入れ金を指し、審査のハードルも高く設定されています。

フリーローンは、銀行系ローンと、消費者金融系ローンでは商品の傾向がことなりますのでご留意ください。

消費者金融を利用できるひと

消費者金融を利用し、貸し付けを受けるためにはどのような条件があるのでしょうか。

消費者金融それぞれで審査基準はことなりますが、多くの場合、20歳~70歳までで安定した収入があることが要件となっています。

消費者金融によっては、正社員や契約社員だけでなく、パート雇用やアルバイト雇用の場合も貸し付けが可能な場合もあります。

審査基準のハードルが低く設定されている消費者金融もありますが、反面で金利が高いなど、なにかしら注意点がある可能性が高いので、借り入れを検討する場合には十分な下調べを行ってください。

消費者金融を利用できないひと

消費者金融で貸し付けをうけることができないのはどのような場合でしょうか。多くの場合、20歳未満、71歳以上の方は借り入れを受けることができません。

安定した収入が見込めることが要件ですので、パート雇用やアルバイト雇用の方も借り入れ対象となりますが、無職である場合や自分自身の収入がない専業主婦は借り入れを受けられません。

消費者金融等、複数から借り入れをしている場合や、信用情報に異動のあるいわゆるブラックリストにあがる場合は借り入れをすることはできません。

借り入れ状況にはクレジットカードでのショッピングやキャッシング、銀行からの住宅ローン等は含まない場合もありますのでご確認ください。

実際に借りてみよう!申し込みから書類提出!

実際の借り入れ方法についてみていきましょう。借り入れ申し込みは大手消費者金融などの場合はインターネットから行えます。

インターネットの場合は24時間対応していますので、忙しく店舗まで出向けない場合や、時間を選ばず申し込みたいときには便利です。

インターネットで申し込みを行った場合はメールや電話で内容確認がされます。インターネットを利用しない場合は、電話や店舗の契約機などでも申し込みが可能です。

店舗の契約機で申し込みをした場合は、その場でカード発行が可能です。

申し込みにはいくつかの書類が必要です。運転免許証もしくは、健康保険証か個人番号カードをご準備ください。顔写真付きの証明書がない場合や、書類住所と現住所がことなる場合は併せて、住民票または、公共料金の領収書、納税証明書などの提出が必要です。

外国籍の場合は、在留カードまたは特別永住者証明書が併せて必要です。

他社での借入額が一定金額を超える場合や、すでに今回借り入れをしようとする消費者金融から一定金額の貸し付けを受けている場合は、収入証明書となる源泉徴収票等の提出が求められる場合があります。

書類の提出はインターネットを通じてのアップロードや、消費者金融によってはカメラアプリ等でおこなうことができます。

審査の基準について

消費者金融の審査は、はやければその場で結果が通知されます。通常、年齢や収入状況、借り入れ状況などにとくに問題がない場合は審査を通過するのはむずかしくはありません。

審査に際し、年収や借り入れ状況など、虚偽申告があった場合は審査に影響をあたえます。勤務年数や、雇用形態も事実をまちがいなく記載するよう十分に気をつけてください。

他社での借り入れに際し、返済の遅延などがあった場合は、審査がとおりにくくなります。他社での借り入れには、クレジットカードを利用したショッピング枠や、携帯電話の料金などの延滞も対象となります。悪意なく返済を失念した場合も遅延とみなされますのでくれぐれもご注意ください。

審査通過がの借入方法

審査を通過し、契約が完了すると実際に融資を受けることができます。融資を受ける手段は、指定口座に振り込み、店頭で受け取り、提携ATMで引き出し、などの方法があります。

指定口座に振り込みを依頼する場合は、電話やインターネットで申し込むことができます。申し込みからインターネット上で行った場合、店舗に行くことなく、また人に知られることなく借り入れまでを受けることができます。

店頭受け取りの場合は、書類を完備し直接に店舗窓口に出向くと、申し込みから実際の借り入れまでをその場で完了することも可能です。店舗での申し込みの場合、審査時間にもよりますが最短で1時間程度で融資を受けられる場合もあります。

契約締結後、ATMで利用できるカードが発行されますので、カードを利用すると提携の金融機関やコンビニエンスストアのATMでも借り入れを受けることができます。出張先など場所をえらぶことなく現金融資を受けることができますので便利なシステムです。

返済方法について

大手消費者金融では、返済方法はいくつかもうけられ、生活スタイルにあった返済方法を選択することができます。

一定の間隔で返済したい場合は、各消費者金融が指定する間隔ごとの期日にあわせて返済を行います。

例えば、35日ごとの場合、前回の返済日の翌日から数えて35日後に次の期日が設定され、その次はまたその35日後が返済期日となるという設定です。自分自身のペースで返済をしたい場合や、自営業など収入の入金日が一か月のあいだに複数回ある場合や、日にちが定まっていない場合などには便利な方法です。

毎月指定した一定日を返済期日に定め、返済する方法があります。消費者金融によっては、借り入れ者の希望に応じ指定日を決めることができる場合もあります。給与所得者など、毎月定められた日に収入が発生する場合には安心の返済方法です。

大手消費者金融では口座振替で返済することもできます。消費者金融の定める振替日に、指定口座から返済額が引き落としされます。返済手続きのために店舗やATMに行く時間のない方や、返済日のうっかり忘れを防ぐために便利な返済方法です。

返済に伴うサービスとして、返済日が近づくとメールで事前に返済期日を通知している会社もあります。

インターネットによる返済方法ですと24時間対応していますので、忙しくてATMに行く時間がない場合や、時間外に返済期日に気づいた場合などに有用です。

提携のコンビニエンスストアなどによっては、24時間ATMを利用して返済が受け付けられるところもあります。

ATMやインターネットを利用した返済には、手数料が発生する場合もあります。

大手消費者金融のホームページ等では、借り入れ前に返済計画、返済シミュレーションをたててみることができます。借り入れ希望金額や、借り入れ希望期間などをもとに、事前にしっかりシミュレーションをたてておくと、借り入れ後の不安を減らすことができます。

返済方法や、手数料を加味して、返済者の生活スタイルにあった返済方法を選択してください。

消費者金融利用の注意点

消費者金融での借り入れ方法についてみてきましたがいかがでしたでしょうか。

消費者金融は、銀行等にくらべ、高い金利が設定されていますが、即日に貸し付けを受けることができることなど利点があります。

消費者金融において、目的別ローンを利用すると一般の借り入れより低い金利が適用されます。

また、大手消費者金融の場合は、条件によっては無利息期間が設けられているところもあり、短期の借り入れには有用です。利用方法によって上手に使いわけると利息が抑えられる場合もあります。

カードローンには、銀行系、信販系、消費者金融系などがあり、それぞれに特徴があります。

借り入れを検討する場合は、それぞれをよく見比べ、利用方法にあった金融機関や商品を選択してください。

-民間融資でお金を借りる方法, 消費者金融

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.