専業主婦のカードローンの審審査基準を解説!見られる項目は何か

投稿日:

専業主婦がカードローンを使う時には審査に通るのが難しいかと不安を感じるのではないでしょうか。基本的に専業主婦は審査が厳しいと考えておきましょう。

専業主婦には収入がありませんので、金融機関からお金を借りるのは難しいのが現実です。

審査内容を気にしたところで、そもそも専業主婦のカードローンは本人の収入を元に審査を進めるわけではありません。

専業主婦を対象としたカードローンの審査基準を詳しく見ていきましょう。

マネーおじさん
収入がない専業主婦はカードローンを利用できないと考えている人も多いけど、そんなことはないんだ。審査基準を不安に感じる必要がない理由もちゃんとあるから、申し込む前に知っておくんだ。

専業主婦のカードローン審査では何を見られるか

専業主婦がカードローンを利用する際、置かれている状況は下記の通り。

  • 銀行系カードローンなら総量規制の対象外
  • 審査は配偶者の収入を元に進められる
  • そもそも専業主婦がお金を借りるのは簡単ではない

それぞれ詳しく見ていきましょう。どういったケースなら借り入れができるのでしょうか。

銀行系カードローンは総量規制の対象外

消費者金融からお金を借りる場合、借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために総量規制というルールが定められています。

総量規制とは、年収の3分の1を超える借り入れを行ってはならないという法律です。

そのため、年収が一切ない専業主婦は消費者金融からお金を借りることができませんが、銀行系カードローンは総量規制の対象外となるため、本人の収入がなくても申し込むことはできます。

審査の対象となる内容に関しては後程解説しますが、少なくとも自身に収入がなくとも専業主婦である以上、銀行系カードローンへの申し込みは可能です。

しかし、すべての銀行でカードローンを申し込めるわけではありません。

専業主婦が申し込める、カードローンを取り扱っている主な銀行は以下の通りです。

専業主婦でも申し込める主な銀行系カードローン

  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行
  • ソニー銀行
  • 東京スター銀行

三大メガバンクと呼ばれる大手銀行では、専業主婦で申し込めるカードローンはみずほ銀行しかありません。

また、上記以外にも横浜銀行など、地方銀行を含めると選択肢が増えますので、お住まいの近くに専業主婦でも申し込み可能な銀行系カードローンがないか探してみてください。

マネーおじさん
審査が厳しいイメージのある銀行系カードローンでも、専業主婦が審査を受けること自体はできるんだ。融資を受けたい人は最寄りの銀行で申し込めないか確認してみよう。

消費者金融でも配偶者貸付がある

専業主婦では総量規制の関係から消費者金融から融資は受けられないとお伝えしましたが、例外となるケースもあります。

それが「配偶者貸付」と呼ばれる制度です。

配偶者貸付は専業主婦本人の収入ではなく、旦那さんの収入から融資可能か判断される制度であるため、収入がない専業主婦でも総量規制の対象となる消費者金融からの借り入れが可能となります。

大手消費者金融のアコムやアイフルは配偶者貸付を実施していませんが、中小企業に分類される消費者金融では取り扱っているケースも多いです。

  • レディースフタバ
  • キャネット
  • ベルーナノーティス

上記が配偶者貸付を行っている、代表的な消費者金融です。

企業名が耳慣れないケースも多く見受けられますが、配偶者貸付の実績はありますので、利用の際には安心して申し込んでください。

配偶者の収入を元に審査される

専業主婦がカードローンの審査について考える必要がない2つ目の理由として、消費者金融の配偶者貸付と同様に、銀行系カードローンも配偶者の収入を元に審査が進められることが挙げられます。

そのため、大切なのは「専業主婦に貸してくれそうなカードローンを探す」ことではなく、「配偶者の収入と信用情報で審査に通るか」です。

一切の収入がない専業主婦の方でも、旦那さんに安定した収入や勤続年数があるのであれば、銀行系カードローンに申し込んで審査に通過する可能性は無いこともありません。

自身の信用情報や収入を心配せず、旦那さんの状況を確認してみてください。

マネーおじさん
配偶者貸付と銀行系カードローンは、配偶者の収入を元に審査が進められるんだ。旦那さんの収入から審査を通過できないか考えてみよう。

そもそも専業主婦がお金を借りるのは簡単ではない

銀行系カードローンや配偶者貸付を実施している消費者金融であれば、専業主婦でも融資を受けられる可能性は無くはありません。

当然ですが、パート勤務であろうと本人に収入があるほうが融資の審査はへのプラスには働くでしょう。

どれだけ配偶者が安定した収入を得ていても、専業主婦の方がお金を借りるのは簡単なことではありません。

とくに銀行系カードローンは専業主婦への融資を自粛している背景があります。

金融庁が調査した結果、2017年から2018年にかけて銀行カードローンの貸付残高が増加していたため、改善を促しているのです。

参照:金融庁による銀行カードローンの実態調査結果について

改善する姿勢や成果が見られない銀行に対しては再度の指導が行われる可能性があり、銀行の信用に関わる事態に発展するケースも考えられます。

そのため、金融庁から過剰に貸し付けていると判断されないよう、銀行も慎重にならざるを得ません。

すぐにお金を借りたい人にとっては嬉しくない情報と言えますが、このような理由から専業主婦がお金を借りることは簡単ではないことを知っておきましょう。

マネーおじさん
専業主婦でもお金は借りられるけど、通過するのは厳しい。その上で審査の前にできることを解説するよ。

専業主婦がカードローン審査を通過したいなら

専業主婦でも申し込み、利用できるカードローンとその理由をご紹介しましたが、専業主婦がカードローンの審査にあたって、実践しておきたいことがあります。

  • 一定の収入を作る
  • 夫婦の信用情報を確認する

上記2つとも実践すれば、審査通過に近づけるかもしれません、以下を参考に検討してください。

パートで一定の収入を作る

「専業主婦」という肩書きやライフスタイルに強いこだわりがないのであれば、パートでも構いませんので一定の収入を得てから審査を申し込んだほうが良いです。

もちろん、様々な事情から専業主婦として生活を送っている方もいますので、簡単にパート勤務をスタートさせられない事情があるのも確か。

しかし、そもそも生活費や何かしらの理由から金銭を工面しなくてはならない事態も、パートでの収入を得れば避けられる可能性が生まれます。

仮に融資を申し込まなくてはならないほど困っていたとしても、パートで一定以上の収入がある方が属性は良くなりますので、空いている時間に働ける場所がないか探してみましょう。

また、一定の収入がある場合は銀行系カードローンよりも消費者金融の方が良いでしょう。

配偶者貸付ではなく、アコムやアイフルなどの大手消費者金融からの融資も、パートで収入があれば可能となりますので、銀行系カードローンの利用とあわせて検討してください。

マネーおじさん
専業主婦とは言えなくなるけど、収入を得ることがもっとも審査において大切なんだ。パート勤務に抵抗がない人は前向きに考えてみよう。

夫婦の信用情報をチェックする

専業主婦がお金を借りる場合は、配偶者の収入や信用情報が重要です。

旦那さんの信用情報に傷がある、もしくはブラック状態だと融資を受けられる可能性は低くなります。

しかし、本人の信用情報が一切確認されないわけではありません。

旦那さんの収入や信用情報に問題がなかったとしても、申し込み者本人にクレジットカードの支払い滞納や強制解約、自己破産などの経験があると審査が不利に働きます。

そのため、自身と旦那さんの信用情報を事前に確認しておきましょう。

マネーおじさん
審査を申し込んだ後に、実は旦那さんの信用情報に傷が付いていたという事実が発覚することもあるよ。事前にわかる範囲でチェックしておこう。

専業主婦カードローンまとめ

専業主婦のカードローンの審査で何を見られるかと、審査を受ける前に実践しておきたいことをご紹介しましたが、まとめると以下の通りです。

  • 銀行系カードローンは総量規制対象外のため専業主婦でも申し込める
  • 消費者金融なら配偶者貸付を利用する
  • 審査は配偶者の収入を元に進められる
  • 専業主婦の借入は決して簡単ではない
  • 可能であればパート勤務などで収入を作る
  • 夫婦間の信用情報チェックも忘れずに

銀行系カードローンや、中小企業の消費者金融が実施している融資では、配偶者の収入が審査の対象となりますので、収入が一切ない専業主婦でも申し込みが可能です。

しかし、専業主婦が融資を受けることは決して簡単なことではありませんので、しっかりと準備をしてから審査を申し込みましょう。

上記内容を押さえておけば、専業主婦の方でも融資の審査を有利に進められます。

-カードローン審査の基礎知識

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.