お金を借りる理由や言い訳5選~知人もついつい納得してしまう!

投稿日:

親や友人が、「この理由ならお金を貸してあげよう」という理由や言い訳は存在します。

お金を貸してあげる側の人間は、やはり信頼できて、この人にならば貸してもいいと思えなければ、お金は貸してくれません。

お金を貸す人が納得できる理由を提示したほうが、お金が借りられる確率は上がります。

お金を借りやすくする理由や言い訳を見ていきましょう。

マネーおじさん
伝え方を知ればお金を借りられる可能性がアップするんだ。人からお金を借りるときの言い訳や理由を教えるよ。

お金を借りるときの理由や言い訳で成功率は変わる

人からお金を借りるときは誠意を込めてお願いし、なぜお金が必要なのかを言わないと相手から不信感を持たれてしまいます。誰だってお金は大事なものです。

人として信頼できないような理由や言い訳をされては、「お金を貸してあげよう」という気は起こりません。

そこで、お金を借りやすくするために、以下のような理由や言い訳が効果的です。

  • 病気になってしまった
  • 仕事でどうしても必要な出費がある
  • 財布を落としてしまった
  • 給料が入るまで少し生活が苦しい
  • 冠婚葬祭が重なってしまった

それぞれの理由や言い訳について詳しく説明していきます。

病気になってしまった

風邪や胃腸炎などの一時的な病気では、そこまでお金はかかりませんが、虫垂炎など手術をする病気や、気管支喘息やリウマチなど長期間の診察や投薬が必要な病気だと、高額な医療費が必要となります。

そのような病気では、思うように仕事に行けなくなることもあり、収入も減ってしまうこともありえます。

また、病気は本人が何か悪い行いをするから発症するわけではありませんので、病気は仕方がなく大金が必要となる状況だといえます。

病気が理由であれば、お金を貸すほうは「かわいそう」「きっとお金が必要だろう」と思ってくれるかもしれません。

マネーおじさん
病気になってしまったなら、お金が足らなくても仕方ないと思ってもらえるよ。病気でお金が足らなくなってしまったときは、正直に相談してみるんだ。

仕事のうえでどうしても必要な出費がある

大事な飲み会やゴルフ、上司へのプレゼントなど、自分の仕事の将来のためにお金が必要となることもあります。

ギャンブルや買い物など個人的な娯楽で使われるお金よりも、仕事で使われるお金のほうがより有意義な使い方だと判断されがちです。

お金を貸すほうも熱心に仕事をしている人に貸すのなら、きちんと返済されるのではないかという安心感があります。

仕事のための出費はその人の将来の収入アップにつながるかもしれません。

仕事や事業を理由を使ってお金を借りると、貸すほうは「お金を貸す」というよりも「その人の将来へ出資する」といった気持ちになります。

マネーおじさん
お金を貸すなら、将来性があってちゃんと返してくれそうな人に貸したいものなんだ。未来がある人に投資するのであれば、お金を貸しても惜しくはないかもしれないよ。

財布を落としてしまった

財布を落としてしまうといった事故は、お金がなくなっても仕方がない事例なので、お金を借りやすい言い訳です。

また、財布がなくなってしまうと、お金に困るだけではなく、クレジットカードやキャッシュカードの処理などの面倒な作業もしなくてはなりません。

そのため、「きっと大変な状況だろう」と思われ同情してもらいやすい状況でもあります。

「一度お金を貸すと、何度も頼られてしまうかも…」と不安に思い、お金を貸すことを躊躇する人もいます。

財布を落としなりなくしたりすることは、そう何度も起こることではありません。

貸すほうも、「今後も何度も借りにこられるのでは」という警戒心を緩めてくれる可能性は大いにあります。

「一時的にお金に困っているなら、少し助けてあげよう」と思ってくれれば、お金を貸してくれるかもしれません。

マネーおじさん
財布を落としてちゃったら、お金がなくなっても仕方がないよね。とっても大変な事態だし、何か力になりたいと思ってくれるかもしれないんだ。

冠婚葬祭が重なってしまった

冠婚葬祭は、一気にお金が減ってしまうイベントです。

例えば結婚式の場合、一回出席するたびにご祝儀に3万円はかかりますし遠方の場合は交通費も数万円もしてしまうこともあります。

女性の場合は、ドレスに3~5万円、ヘアセットに5千円ほどかかり、本当にお金を使うイベントです。

短期間に何度も結婚式があるときには、誰かからお金を借りないと生活が苦しくなることもあるでしょう。

冠婚葬祭は、いつ、どのようなタイミングで起こるのかは自分でコントロールできません。日々一生懸命に働いて、贅沢をしていない人でも、冠婚葬祭が重なってしまえばお金がなくなってしまうことも十分にありえます。

その人が悪くてお金がなくなるのではないので、貸す方も同情的になってくれるかもしれません。

マネーおじさん
結婚式でお金がかかる経験をしている人はたくさんいるんだ。同じ思いをしているからこそ貸してくれるかもしれないんだ。

車をぶつけてしまった

車をぶつけてしまったときは修理費に結構なお金がかかりますが、ただの擦り傷やへこみで車が問題なく動くのであれば、放っておいても問題ありません。

しかし、サイドミラーやタイヤなどが損傷し、車の運転に支障が出る場合は、なるべく早く修理に出さなければなりません。

車の修理は、数千円で済むことはまずないでしょう。

乗っている車の種類にもよりますが、最低でも3万円はかかってしまう場合が多いです。また、車の事故はいつ起こるのかが予想できません。

お金に余裕がないときに、修理が必要となってしまうこともあります。

「お金がちょうどないときに、修理しなくてはならなくなってしまった」ときちんと伝えれば「仕方がない」と思ってくれるでしょう。

仕事や子供の習い事などで絶対に車が必要な場合はそのこともしっかりとアピールしましょう。

車が必要なのに、動かせないのはとても困ることなので、お金を貸してくれるかもしれません。

マネーおじさん
車を運転できないのはとっても不便だと思っている人はたくさんいるよ。車の修理には、予期せず突然大金が必要となっても仕方がないことだよね。

お金を借りるときの理由や言い訳は誠意を持つことが大事

人からお金を借りるときは、いい加減な理由や自分勝手な理由でお金を借りたいと言っても、そんな人にはお金を貸したくないと思う人がほとんどです。

そこで、どうしてもお金を借りたいときには、以下のようなことに気をつけて、お金が必要であることを伝えてください。

  • お金がなくなったのは仕方のないことである
  • どうしても必要なお金であることを説明する

お金を貸すほうが「この人になら貸してもいい」と思える理由や言い訳を使うようにします。

「この状況では、自分もお金が必要になるかも」「とてもかわいそうな目にあっているんだな」と思ってもらわなければ、お金は借りにくくなります。

逆に、

  • 遊びやギャンブルで使ってしまった
  • 贅沢品を買いたいから

これらの本人の自堕落さが原因の金欠や、贅沢で不必要なものを買うための資金であるという理由では、その人にお金を貸したいと思う人は少ないでしょう。

そういった理由でお金を借りる場合は、「貸したお金が返ってこないのではないか」「こんな人にお金は貸してあげられない」と思われてしまします。

お金を借りるときにはきちんとした理由や言い訳が必要で、明らかな嘘をつくことはおすすめできません。

嘘だとバレてしまったときは、その人からの信頼を失ってしまい、今後ずっとお付き合いできなくなってしまうかもしれません。

どうしても家族や友人から借りられないという場合は、銀行カードローンや消費者金融の利用を検討してみてもいいでしょう。

マネーおじさん
大事なお金を借りるのだから、きちんとした理由や言い訳を伝えて借りるようにしよう。自分勝手で呆れられるような言い訳ではお金を貸してもらえないんだ。

-お金を借りる理由

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.