プロミスで借り入れするなら知っておくべき審査内容と期間を解説

更新日:

手軽に借り入れを行えるプロミスは審査期間が短いのが特徴です。なるべくスムーズに借り入れができるように、プロミスの審査内容と審査期間を紹介します。

プロミスで借り入れを行うときには、申込み方法や必要になる書類を把握して準備しておけば、手続きが完了するまでの時間を短くすることが可能です。

まずはプロミスの審査内容と通過するためのポイントを見ていきましょう。

マネーおじさん
プロミスは審査が最短30分と非常に短いんだ。

プロミスの審査内容

プロミスのカードローンを利用する上で重要になるのが審査内容。利用をする資格を認めてもらえなければ融資を受けられません。

契約に繋げるためにも、プロミスの審査内容をしっかりと把握しておくことが非常に大切です。

プロミスの申込条件

プロミスのカードローンを利用するにあたって、申し込みができる条件が設けられています。

審査に通過する以前の問題として、申込条件にあてはまっていなければ審査の土俵にも立てないので、しっかりと確認をしておくことが大切です。

20歳以上69歳以下

年齢が20歳以上69歳以下でなければ申し込みはできません。

プロミスの公式ホームページにも記載されていますが、20歳からの69歳という年齢に条件が合致していれば、たとえ学生やアルバイト・パートでも申し込みをすることは可能です。

正社員として働いていなければ申し込みをすることはできないと認識している人も少なくありませんが、決してそのような決まりはないため把握しておきましょう。

総量規制内であること

総量規制とは貸金業法で定められているもので、年収の3分の1を超えた融資を受けることができないというものです。

これはプロミスだけに限らず消費者金融のカードローンを利用する上で必ず守らなければいけないルールです。

複数の消費者金融から借り入れを行っている場合は総量規制を超える可能性が高いため、注意しておきましょう。

マネーおじさん
カードローンの申込条件には、法律も関わってくるため理解しておくことが大切なんだ。

プロミスの審査でのポイント

プロミスのカードローンにおける申込条件を把握できたところで、続いては審査に通過するためのポイントを紹介します。

カードローンの審査は会社によって基準は異なりますが、審査で重要視される部分はどこも似ていることが多いです。

事前に審査を通過するために重要なポイントを見ていきましょう。

安定した収入がある

プロミスの審査内容で重要視される点は、収入の大小ももちろん関係しますがどれだけ安定して稼いでいるかが問われます。

安定した収入があることは返済能力があると判断されるため、融資をしてもしっかりと遅延することなく返してくれると判断できる要因の一つです。

安定した収入だけでなく勤続年数も審査ではチェックされる項目となり、当然長ければ信用される要素となるため審査にも通過しやすくなります。

20歳から69歳以内であればアルバイトやパートをしている人でも、安定して収入を確保できていると判断されれば十分審査を通過できる可能性はあります。

支払いの滞納・遅延をしていない

消費者金融や銀行のカードローンといった全ての金融業者の審査に対していえることですが、過去に支払いの滞納や遅延をしていると審査には落ちやすくなります。

遅延や滞納は返済能力がないと判断される要素に繋がる可能性があり、記録として残っていると非常に不利です。

カードローン会社は審査をするにあたって、信用情報機関に今まで金融事故を起こしていないかといった情報を確認します。

他に消費者金融から借り入れを行っており、返済が遅れたり滞納をしている場合はもちろん、クレジットカードの利用で滞納をしていることもマイナス評価になってしまうため注意が必要です。

借りたお金をきちんと返せない人と判断されることが審査落ちに大きく関係するため、日頃から期日を守ることへの意識が大切になります。

正確に申込みする

正確に申込みをするというのは、自分の情報を嘘偽りなくプロミスに伝えるということです。

申込みをするにあたってネットや店頭窓口、もしくは自動契約機で行いますが、勤務先や年収などを誤魔化して提示することは絶対にしてはいけません。

どうしても借りたいがために嘘の情報を申告する人もいますが、プロミスが調べればすぐにわかります。

虚偽の情報を相手に伝えてしまうと信用されなくなるため、審査落ちが濃厚となってしまうことから正確に申込みをすることは基本です。

一度に複数の融資の申込みをしない

プロミスの審査では、他の消費者金融や銀行カードローンからの借り入れをしていないかは必ず調べます。

複数の消費者金融を利用しているとわかれば、相当お金に困っている人と判断されてしまうため審査落ちの可能性は極めて高いです。

確実に審査に落ちるとは言えませんが、複数社から融資を受けている場合返済できないとなる時期がくる可能性をプロミスとしても考えるため、契約を結んでくれないことがあります。

カードローンへの申込みは1社にしか行わないようにして、審査に影響を与えないよう意識することが大切です。

マネーおじさん
プロミスの審査に通過するためのポイントを押さえておくことは大切なんだ。

プロミスで借り入れをするまでの時間は最短30分

プロミスで融資を受けるために必要な審査のポイントの次は、借り入れをするときの流れや審査にかかる時間を見ていきましょう。

プロミスの審査は最短で30分で完了します。即日融資が十分可能ですので急ぎでお金が必要な方には心強い味方です。

審査は最短30分で完了するため、申込みから実際に融資されるまでは最短で1時間程度。そのため、多くの人から高い評価を得ています。

1.Webで申込み

プロミスの申込みはWebで行うと最もスムーズに融資まで進めることができるため非常におすすめです。

Web申込みは平日だけでなく、土日祝日も可能な24時間365日対応となるため、忙しく店頭や自動契約機に行けない人からすると大変ありがたいサービスとなります。

申込みにはカンタン入力とフル入力があり、カンタン入力は少ない項目を埋めてから電話で確認をする方法で、一方のフル入力はWebで完結させることができる手続きです。

本人確認書類

プロミスのカードローンを利用するための申込みには本人確認書類が必要で、基本的には運転免許証があれば良いです。

運転免許証がない人はパスポートや健康保険証があれば申込みをすることができますが、運転免許証以外であれば住民票もあわせて必要となるため注意してください。

収入証明書類

カードローンの申込みにおいて、借り入れの希望額が50万円以上となる場合は収入証明書を提示する必要があります。

申込みをする上で必要書類の確認はしっかりと行い、スムーズに契約まで進めるようにすることで即日融資もしやすくなります。

2.審査(在籍確認)

審査に進むと収入の状況や職場の勤続年数、信用情報機関への金銭情報の確認にあわせて、在籍確認がされます。

在籍確認とは、本当に仕事をしているかを確認するために、プロミスが申込者の申告する職場に対して匿名で電話をすることです。

在籍確認をすることは決まりになっているため避けることは難しく、土日に申込みをした場合でも行われるため自分で出社をして電話を受ける必要があります。

3.返済方法の選択

借り入れをしたお金の返済方法は、銀行やコンビニATMからの振込やネットでの口座振替があります。

プロミスATMと三井住友銀行ATMであれば手数料が0円で返済することができるため、積極的に利用することがおすすめです。

セブンイレブンに設置されているセブン銀行であれば、スマホから24時間いつでもキャッシングや返済の取り引きをすることができます。

4.Web・店頭で手続き

プロミスの申込みはWebや店頭で行うことができますが、先ほどお伝えしたようにWebは24時間365日対応可能です。

店頭と無人契約機の場合は、地域によって営業時間が異なる可能性もあるため、事前にしっかりと確認をしてください。

マネーおじさん
申込の流れは特に難しいこともないし、返済も身近なATMで行えるから使いやすいんだ。

プロミスの借り入れの審査完了までの流れ

プロミスの審査内容や審査の期間についてのまとめを確認していきます。

  • 申込条件は20歳から69歳の人で、安定して収入があることが大事
  • 審査の基準は明確に公表されていないが、順調に手続きが進むと最短30分で審査は完了する
  • 身分証明書があれば手続きを進めることができる
  • 借り入れ条件によって収入証明書の提示が求められる

プロミスの審査条件は決して厳しくないとはいえ、過去に滞納や遅延があれば借り入れは厳しくなってしまいます。

問題がなければ申込みから融資を受けるまで1時間ほどで完了するため、急遽お金が必要になった場合は返済計画をしっかりと立てた上で活用してください。

マネーおじさん
カードローンなら最初に候補にあがるプロミス、審査も短くて利用しやすいんだ。

-カードローン審査の基礎知識, 消費者金融

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.