親にお金を借りるなら心配をかけない他の方法も知っておこう

投稿日:

急な出費でお金がないときには、場合によっては親からお金を借りることも1つの手段ですが、借金をすることは親に心配をかけることになります。

親からお金を借りるときのポイントや、カードローンや消費借金融の利用、給料の前借といった心配をかけない他の方法も紹介します。

親からお金を借りることは、人間関係が悪くなることや贈与税が発生することもあるので注意しなければなりません。

まずは親にお金を借りるデメリットを見ていきましょう。

マネーおじさん
親は頼りになる存在だけど、注意点も多くあるんだ。

親にお金を借りるデメリット・注意点

どうしてもお金が必要になった場合、親にお金を借りるという判断をする人も少なくないですが、いくら親子とはいえ気が引けます。

誰か頼りにできる人を想像したときに親のことを想像してしまいますが、しっかりとデメリットを把握しておいた方が良いです。

関係が悪くなる可能性がある

まず挙げることができる親にお金を借りるデメリットは、関係性が悪くなってしまう可能性があることです。

しっかりと借りたお金を返すことは親とはいえ大前提ですが、なかなか思ったようにお金を準備できないことも考えられます。

その場合、もし返済期日を守れなかったとすれば親子関係が悪くなってしまい、今までみたいな関係で入れなくなることもあるでしょう。

給料が入ったら返すという約束であったとしても、親だから待ってくれるだろうと甘い考えを持ってしまう人も少なくありません。

お金の切れ目は縁の切れ目という言葉もあるように、親への借金でも甘い考えは捨ててください。

約束を守らなければいくら親子でも信頼関係に関わることなので、話をすることすらできなくなってしまうことも十分あります。

贈与税が発生する場合がある

親からお金を借りると考えられるデメリットは、関係性が悪くなるだけでなく法律問題も関わってきますよ。

特に問題視されることが贈与税で、20歳以上の人が年間を通して110万円以上のお金を借りた場合にかかってしまうものです。

110万円という金額はしっかりと把握しておいた方がおすすめで、相手が親で問題には発展しないだろうという考えではいけません。

贈与税は学費や生活費といったものに充てるために借りたお金についてはかからないもの。

学費や生活費は法律でも必要となるお金と考えられていることから、贈与税の対象にはならないため把握しておいてください。

返済したことを振込票で証拠を残すことは、税務対策だけでなく、相続の際、他の相続人から、特別受益(贈与)と疑われることを避けるためにも必要です。

引用:親子間の金銭貸借で贈与税を課せられないために

マネーおじさん
事前に贈与税の対象となる借り方は知っておこう。

親からお金を借りるときのポイント

親からお金を借りるときにはデメリットを把握しておくことが大切とわかりましたが、借りるときにはいくつかポイントがあるんです。

ポイントをしっかりと押さえてお金を借りれば、変にトラブルに発展する可能性も少なくなるため必ず実行してください。

親からお金を借りるときのポイントを見ていきましょう。。

嘘はつかない

まずはじめの大事なポイントは、当たり前のことですが絶対に嘘をついて借金をしないこと。

いくら親でも借金をすることは心理的にも言い出しにくく、心苦しいことではありますが、例えお金がなくなった理由がギャンブルやカードローンの返済といった無駄遣いをしてしまった場合でも、正直に話をして借りるようにしてください。

親だからこそ本当のことを話しやすいこともあり、きちんと理由を説明して借りてしっかりと返すことを約束してください。

親からするとショックな理由であったとしても、結果的に嘘をついて借りる方が後々大きな問題に発展することもありえます。

親に嘘をついていることがバレてしまった方がきっと辛い思いをしてしまいますし、親からすると理由はどうであれ子供が困っているのであれば助けてあげたいと感じてくれるはずです。

嘘をついて借金をする方が関係性の悪化にも繋がってしまうことがありますので、注意してください。

借用書を作る

お金を借りるのがたとえ親でも活用をしてほしいものが借用書で、親との間でしっかりと契約を交わすことが大切です。

借用書とは口約束ではなく、きちんと書面でお金を借りたことやいつまでに返済をするといったことを記載したものになります。

借用書は返済期日に遅れてしまった場合の取り決めも書いておくようにして、借金返済に関してお互いが一枚ずつ持っておくべき大事な書類です。

親子でのお金の貸し借りで、借用書を書く必要があるかと感じてしまう人もいますが、その考えは捨ててください。

借用書はお金を貸した側と借りた側で交わす契約書になりますので、相手が誰であっても作ることをおすすめします。

借用書がない場合には、これらの事実を推認させるさまざまな事実を積み重ねて証明を行う必要があり、この証明ができなければ、お金を返してもらうことはできません。

引用:借用書のない借金は返してもらえない? - 国民生活センター

返済する計画を立てて相談する

お金を借りたときに、いつまでにどのような方法で返済をするといった計画をきちんと立てておくようにしてください。

カードローンとは違い親にお金を借りた場合は無利息で返していくことができますが、長引きすぎると返済の意思がないと判断されてしまいます。

親から借りた金額にもよりますが、毎月の収入に対して生活に必要な費用はこれくらいになるため、少しずつでも返していくといった計画性を立てて相談をすることが大切です。

計画性もなしに借りてしまうと責任感が薄れてしまい、返済期日もなければどんどん長引いてしまい返さなくなることも親子だからこそありえます。

お金を貸した側となる相手の気持ちを考えると、計画性もなしに借りることは明らかに無責任でしょう。

いくら計画を立てていても返せない理由ができてしまうことも考えられますので、

その場合は事前に今月は返せないと連絡を入れ「その代わりに次は多めに返す」というように代替え策を提案することも意識してください。

マネーおじさん
口約束での貸し借りは後々面倒になるから注意が必要なんだ。

親にお金を借りる以外のお金を調達する方法

親にお金を借りるのは心配をかけてしまうから避けたいと考える人はいますので、その時は何か他の方法でお金を調達する必要があります。

親にお金を借りる以外の方法をいくつか紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

カードローンを利用する

カードローンには主に銀行系と消費者金融系があり、それぞれ金利や審査面が異なるので注意が必要です。

銀行系カードローン

銀行系には三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンがあり、審査は厳しいですが金利は低めに設定されているので、比較的利用しやすい手段でしょう。

消費者金融系カードローン

消費者金融系にはアコムやプロミス、アイフルがあり、カードローンの中でも審査に通りやすく即日融資を受けやすい特徴がありますが、金利が高いので計画的な利用が求められます。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードを持っていればキャッシング枠を利用することができ、簡単な手続きで利用できる場合が多いので、お手持ちのクレジットカードを確認することがおすすめです。

友達から借りる

親と同様に友達からお金を借りることも考えられ、信用している友達だとしてもお金を借りる場合は借用書を準備する方が良いでしょう。

給料を前借できないか会社に相談する

会社によっては給料の前借制度があることもあるため、一度前借ができるかどうか確認してください。

質屋を利用する

自分が持っている貴金属類を質屋を利用して現金を調達することも手段の1つです。

売れるものは売る

親からお金を借りる前に、服、ゲーム、本といった最低限売れるものは全て売ってお金をに変えることも考えてみてください。

マネーおじさん
カードローンを利用するときは金利に注意が必要なんだ。

親にお金を借りるときのポイントまとめ

親にお金を借りる場合は、関係性が悪化しないためにもしっかりと約束をすることが大切になり、借金をする上で大事なポイントは把握をしてください。

  • 年間で110万円を超える借金には贈与税がかかってしまう
  • 親であっても借用書を作って書面で約束を交わす
  • お金を借りる時は絶対に嘘をつかない
  • 親に借りれない場合はカードローンや自分の物を売ってお金にする

大人になると毎月支払いをする金額も上がっていくためお金が足りなくなってしまうことも考えられますが、もし親に借りなければいけない状況になった場合でも正直に話して、その時点できちんと返済計画についても話し合うことを大切にしてください。

マネーおじさん
いくら親でも、お金についてはしっかりと向き合うことが大切になるんだ。

-その他お金を借りる方法

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.