街金(中小消費者金融)でお金を借りる方法

投稿日:

あなたは「街金」という言葉を聞くと、「法定外の高い金利で貸し付けられる」、「取り立てが暴力的」、「違法業者」などと思っていませんか?

しかしこれは「闇金」のことであって、「街金」は国や都道府県に貸金業の登録をしている正規の企業です。

ここではそんな「街金」の概要や利用の流れ、代表的な街金の特徴と利用する際の注意点について解説します。

消費者金融の審査に落ちてしまった、過去に自己破産をしたことがある人などは必見ですよ!!

街金ってどんな企業?

では、始めに街金の特徴についてみてみます。

街金は闇金と間違われやすいのでその違いや、金利・申込み方法や審査スピード・審査基準などについて、説明していきます。

街金と闇金の違いってなに?

まずは「街金」と「闇金」の違いについてです。

多くの人が「どっちも同じことなんじゃないの?」と思ってしまっていると思いますので、それぞれの言葉の意味を見てみましょう。

街金

街金とは、小売りの小口金融業者の中で、特定の地域で営んでいる中小規模の業者のことを指します。

昔よく聞かれた「サラ金」と同義語になり、国や都道府県に貸金業登録をしている正規の貸金業者となっています。

正規の貸金業者であるため金利は法定内に設定されており、中小規模の業者といっても現在ではWEB上で申し込み手続きができる所があったり、コンビニのATMで返済できる所もあったりと、大手消費者金融と変わらない、または近い形のサービスを提供している所もあります。

闇金

闇金とは、国や都道府県に貸金業登録をしていない業者のことです。

違法に営んでいるためやはり、マンガやドラマ、映画などでみられるように法定外の高い金利で貸し付け、厳しい取り立てをする所が多いようです。

また、返済時にも借入期間をわざと延ばすために色々な手段を使ってくるとも言われています。

街金と闇金の違いのまとめ

このように、街金は法律に則って貸金業の届け出を出し、法定金利内で貸し出しているのに対し、闇金は貸金業の届け出を出さずに法定金利外で貸し出している、というのが特徴になります。

しかし見た目では、街金と闇金を区別するのは難しいかもしれません。なぜなら店舗やその中の雰囲気が好印象だからといって、正規の貸金業者だとは限らないからです。

ですから「看板が出ている」、「電話などでの対応が良い」からといって、闇金ではなく街金だなどと判断するのは危険ということになります。

街金と闇金の見分け方ってあるの?

では、一般の人でも街金と闇金を見分ける方法はあるのでしょうか?

実は見分けるための簡単な方法があるのです。それは金融庁の「登録貸金業者情報検索サービスを利用する」ことです。

金融庁では闇金からの借入を防ぐため、WEBサイト上で誰でも貸金業の登録状況を確認できるようにしています。

サイトのURLは「clearing.fsa.go.jp」で、このサイトにアクセスすると、「登録番号」、「所在地」、「商号・名称」、「代表者名」、「電話番号」を入力する欄があり、そのどれかに情報を入力し「検索開始」ボタンを押すだけで、該当する登録貸金業者の一覧が表示されるようになっています。

闇金は貸金業の登録をしていませんので検索しても出てきません。つまりこの検索サービスでヒットしなければ、闇金業者だということになるのです。

もし街金を利用しようとしているのであればまず、このサイトで確認することをおすすめします。

街金の特徴ってなに?

一般的に「お金を借りたい」と思った時に思い浮かぶのは、コマーシャルを良く流しているアコムやプロミスなどの大手消費者金融ではないでしょうか?

では街金は、そんな大手消費者金融と比べてなにが違うのでしょうか?金利・申込み方法や審査スピード・審査基準などで比較してみます。

金利の違いは?

お金を借りるとなった時に、やはり一番気になるのが「金利」です。

大手消費者金融の提示している金利は3.0%~18.0%。これに比べて街金の中で代表的な業者の金利を見てみると、その多くが上限金利20%を提示しています。

つまり、金利は一般的に「大手消費者金融よりも街金の方がやや高い」ということが言えますが、上限金利で見比べた時に2.0%という違いは、短期借入で1回返済のように「借りてすぐに返す」場合には利息はさほど変わらなくなります。

申込み方法の違いは?

次に申込み方法で比較してみると、大手消費者金融はWEB、店頭窓口、電話、ATMで可能となっています。

これに対して街金はWEB、電話、郵送、FAX、店頭窓口となっていますが、街金業者ごとに異なり、WEBサイトを持っていない、直接店頭でないとダメ、という所ももちろんあります。

大手街金であれば申込み方法は多様ですが、やはりこちらも大手消費者金融の方が利用しやすい、ということになります。

審査スピードの違いは?

では審査スピードではどうでしょうか?大手消費者金融は「最短30分」などとコマーシャルで流しています。

これに対して街金も、「最短30分」と謳っている所はあるようです。しかし一般的には大手消費者金融よりも審査スピードは遅いことが多く、「最短即日融資」としている所が多いように見えます。

つまり、審査スピードも大手消費者金融の方が上ということになります。

審査基準の違いは?

それでは、審査基準はどうなのでしょうか?あるデータによると、大手消費者金融では審査通過率が40%台とのことです。

これは10人審査を受けると4人しか通らないということで、審査基準は厳しいと言えます。

プロミスの審査通過率

2018年 審査通過率
9月 45.9%
10月 47.0%
平均 46.45%

参照元:SMBCコンシューマー・ファイナンス月次営業指標

アイフルの審査通過率

2018年 審査通過率
9月 46.3%
10月 45.9%
平均 46.1%

参照元:アイフル月次推移

これに対して街金は、たくさんあるので数値的なデータでは示せないのですが、一般的に「大手消費者金融よりもゆるい」と言われています。

街金業者はそれぞれ独自の審査基準を設けており、例えば債務整理をした佳子があった人であれば大手消費者金融では審査を通るのがかなり難しいのですが、街金では通る可能性があります。

また、大手消費者金融では借入の際に必ず「職場への在籍確認」をされるのですが、街金では行わない所もあります。

このように、審査基準の面では大手消費者金融よりも街金の方がゆるくて借りやすいということになります。

街金の特徴のまとめ

大手消費者金融と街金の違いを見てみましたが、まとめると「金利、申込み方法、審査スピード」では大手消費者金融のほうがよいという結果になりましたが、「審査基準」では街金に軍配が上がりました。

これはつまり、「消費者金融で融資を断られた人でも街金であれば審査を通る可能性がある」ということで、過去に債務整理をした経験がある人、職場に在職確認をされたくない人などは街金を利用したほうがよいということです。

ただし街金業者によって異なりますので、特に辞職確認については事前に問い合わせておく、もしくはWEBサイトで確認するとよいでしょう。

街金からお金を借りる流れはどうなっているの?

では次に、街金からお金を借りるまでの流れについてみてみましょう。

申し込みをする

まずは申し込みです。申込の方法は店頭窓口、WEB、郵送、電話などがあります。

ただしWEBや電話などは仮審査という形になり、いずれ店頭窓口に出向くか輸送で必要書類を送ることが必要になります。

必要な書類としては主に次の通りです。

  1. 運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類
  2. 源泉徴収票、所得証明書、給与明細書などの所得証明書類

街金業者によって必要書類は変わりますが、この2つはどこでも共通して用意する必要があります。

なお、書類上に記載されている住所と現住所が異なる場合には、公共料金の領収書など現住所を確認することができる書類が求められます。こちらも覚えておきましょう。

審査を受ける

提出された書類をもとに信用情報が調査され、審査が行われます。ここで御者によっては在籍確認をされる場合があります。在籍確認をされるのが嫌な場合には、在籍確認が必須かどうか事前に確認しておきましょう。

一般的に街金でも借入することができない人は、次の通りです。

  • 無職の人
  • 健康保険無加入の人
  • 未成年または66歳以上の人
  • 他社の返済が遅れている人
  • 自営業で確定申告等の年収証明が提出できない人

いずれかに当てはまる場合には、街金でも借入れるのは木々しいと考えたほうがよいでしょう。

契約をする

審査の結果、借り入れが可能となると次に契約を結びます。契約書に必要事項を記載し、認め印を押します。

なお、郵送で書類を送る場合には融資までに時間が掛かります。できるだけ早く融資を受けたい場合には、店頭窓口に出向くにしましょう。

融資を受ける

契約が無事済むと、融資を受けることができます。融資はその多くが振込みか店頭窓口での直接手渡しのどちらかになっています。

振込みがいいけどはやく融資してほしい、といった場合には、銀行の営業時間内に手続きをしましょう。

代表的な街金ってどんなところ?

街金にも代表的な業者があります。ここではそんな、街金での代表的な業者について解説します。

代表的な街金その1 アロー

「アロー」は岐阜県名古屋市に本店を置く街金業者です。

アローの特徴は、「審査時間が短い」、「大手消費者金融の審査に落ちた人でも借入できる可能性がある」、「最大200万円まで借り換えローンが組める」ことで、特に消費者金融で断られた人がアローに申し込むことが多いようです。

もちろん「現在借入れている分を延滞している」、「無職で収入がない」、といった場合にはムリですが、「過去に債務整理をしたが現在は借り入れがなく定職にもついている」、「借入金はあるが毎月きちんと返済している」などの場合には、借入ができる可能性があります。

また、アローでは俗に言う「おまとめローン」を組むことができます。おまとめローンは借入金に上限を設けているいわゆる「総量規制」の対象外になっているため、複数他社からの借入で総量制限ギリギリの厳しい人でも借入れできる可能性があり、また見直すことで金利が安くなる可能性もあるのでとても便利です。

そしてアローは審査時間が最短45分と、街金の中ではかなり短い方となっています。借入をしたい時に待っている時間はできるだけ短くしたいもの。この点でもアローは利用しやすい業者になっています。

公式サイトはコチラ

代表的な街金その2 ライフティ

次に紹介するのが「ライフティ」です。ライフティは街金ですが、セブン銀行と提携しているので、全国のセブン銀行ATMから借入れや返済ができます。セブン銀行は全国にあるセブンイレブンにあるATMで利用できるのでとても便利で、この点では大手消費者金融と比べてもそん色ない業者となっています。

また、ライフティもおまとめローンを扱っており、ライフティは上限が300万円になっています。借入先をまとめれば返済日が一本になってとても分かりやすくなり、また、金利も安くなる可能性があってお得です。

公式サイトはコチラ

代表的な街金その3 キャネット

そして3つめが「キャネット」です。こちらは審査が甘いと口コミで評判になっており、キャネットは「北海道キャネット」、「関西キャネット」、「九州・東北キャネット」がありますが、特に北海道支店が甘いと言われています。

中には延滞中でも借りられたという話も。他で審査を断られてしまった人は、こちらを試してみるのもよいと思います。

そしてキャネットは「配偶者貸付」も行っています。配偶者貸付とは、「配偶者の同意があれば総量規制の制限が夫婦の収入の平均に掛けられるようになるので、限度額を上げることができます。必ず同意書は必要ですが、一つの選択肢としてあるのは嬉しいですね。

公式サイトはコチラ

街金を利用する上での注意点ってなに?

最後に、街金を利用する上での注意点について確認します。街金は大手消費者金融と違って注意しなければならないことがあります。それぞれ見てみましょう。

正規の登録業者であるかを確認する

まずは、正規の貸金業者であるかを確認することが大切です。街金業者は、大手消費者金融と違って有名所ばかりではありません。その多くは地域に根差した業者になっています。

そのため、借入れようとしている所が本当に正規の貸金業者であるかが分からないことが多いのです。

ですから借入の申込をする前には必ず、先ほど紹介した金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」を利用し、正規の登録業者かを確認するべきです。

対応が良かったから、雰囲気がいいから、ホームページやパンフレットがしっかりしているから大丈夫、と思っても実は闇金で借りた後に態度が豹変した、なんてことがないように、大した手間もかからないので、事前に確認するようにしましょう。

甘い宣伝文句を疑うようにする

次に注意したいのが、「甘い宣伝文句」です。「審査はしません」、「誰でも借りられます」などの甘い文句はかえって怪しいものです。これが本当であれば総量制限の規制に違反する可能性もありますし、正規の金利で貸し出せば回収できずに事業が立ち行かなくなるかもしれません。

つまり、甘い文句で誘っている業者は「違法業者」である可能性が高いのです。ですからホームページやパンフレットで甘い文句を並べている業者があったらば、かえって怪しいと思い利用しないことが大切です。

連絡先が携帯電話になっている場合には避ける

そして、業者の連絡先が携帯電話になっている場合には避けることも大切です。なぜなら、貸金業の登録には固定電話の番号が必要だからです。

つまり、連絡先が携帯電話の番号になっている業者は正規の登録業ではない可能性があり、そのような所には連絡しない方が無難ということです。この点にも注意するようにしましょう。

金利が消費者金融よりも高いということを意識しよう

最後に、「金利が高いことを意識」しましょう。審査が甘く借りやすい分、街金は消費者金融よりも金利が高い傾向にあります。そして金利が高いということは、長期間借りてしまうと消費者金融との差がどんどん出てきてしまうということです。

ですからあえて街金を利用するのであれば、可能な限り「短期間・少額」を心掛けて利用し、利息が少なくなるように努力をしましょう。

まとめ

以上、街金の概要や利用の流れ、代表的な街金の特徴と利用する際の注意点などについて解説しました。

アコムなどの消費者金融の審査に落ちてしまっても、街金であれば通る可能性があります。ですから多少金利が高くても、上手に利用すれば街金もとても便利なものなのです。

「申し込みをする前にはしっかりと下調べをする」、「あまり長期間借入れない」などに気を付けて、自分に合った特色を持つ業者を利用するようにしましょう。

-ローンの種類, 民間融資でお金を借りる方法, 消費者金融

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.