結婚資金でお金を借りる方法と結婚に向けてかかる費用の色々を解説

投稿日:

結婚式では、華やかなイメージがあるのと同時にさまざまな費用が掛かるため、どうしてもお金が必要になります。

結婚式の費用の相場は、披露宴や挙式などを含めた金額で300万円~350万円程度。プランや招待人数によってここから金額が増減します。

結婚式に向けてかかる費用と結婚資金を借りる方法を詳しく解説します。

一生に一度の大切な時間を楽しむために、結婚式にかかる費用と借りる手段について知っておきましょう。

マネーおじさん
結婚式で掛かる費用にはさまざまなものがあるんだ。結婚式の費用を借りる方法といっしょに確認しておくんだ。

お金を借りる前に知っておこう!結婚式に向けてかかる費用と自己負担額

結婚式で掛かる費用にはさまざまなものがあり、細かく分けると数十種類以上にも及びます。

ですが、すべての費用を自身で負担することはなく、ある程度の金額は結婚式に来られる方からのご祝儀でまかなうことができます。

実際に結婚式で必要な費用や、自身が負担する金額について統計を参考にしながら見ていきましょう。

結婚式に向けてかかる費用

結婚するにあたって、結婚式の費用や新婚旅行の旅費などさまざまな費用がかかります。

結婚式に向けてかかる費用は以下。

  • 結婚式・披露宴・二次会
  • 結納式・食事会
  • 婚約指輪・結婚指輪
  • 新婚旅行

上記のように、結婚する際にはさまざまな式典や食事会などが行われるため、どうしても費用がかさんでしまうのです。

また結婚指輪や婚約指輪、新婚旅行の費用も考慮しなければならないので、事前にどれくらいの費用がかかるのか知っておくと良いでしょう。

結婚式で必要な費用の細かい内訳を見ていくと、以下のようなものがあります。

  • 引き出物
  • 料理
  • 招待状
  • ウエディングドレスやタキシードなどの衣装
  • ブーケ
  • 写真撮影

このように結婚式だけでも、費用のかかるものは数多くあるので覚えておきましょう。

ではそれぞれの費用がどれくらいの金額がかかるのか、実際の相場をご紹介します。

結婚式の費用の相場

結婚式の費用の相場は、披露宴や挙式などを含めた金額で300万円~350万円程度です。

結婚式の費用は事前に見積を出してもらいますが、最初に算出された金額と最終的な金額では大きく金額が変わることがあるので、初回の見積金額よりも高くなることを想定して準備しておくと良いでしょう。

また結婚式の規模や招待する人数、各式場ごとによって金額は違っており、お得な割引プランを用意しているケースも数多く存在しています。

一般的な結婚式場に適用されている割引プランは以下。

  • 仏滅割引ー結婚式を仏滅に行うことで割引を受けられるプラン
  • 平日割引ー結婚式場の混み合う土曜日や日曜日、祝日を避けて平日に式を挙げることで割引を受けられるプラン
  • ナイトウェディングー夜の時間に結婚式を挙げることで受けられる割引プラン

上記のほかにもさまざまな割引プランが存在しており、各結婚式場ごとに実施されているサービスは異なるので事前に確認しておくとよいでしょう。

実際に支払う結婚費用と支払い方法

結婚式の相場が300万円~350万円であるとお伝えしましたが、実際に自身が負担する金額ではなく、ご祝儀や親族からの援助を際し引いたものが自己負担額になります。

場合によっては自己負担額が0円になるケースもありますが、そうでない場合はご祝儀の合計金額に左右されるので、最終的に負担する金額は結婚式が終わってみなければ分かりません。

ですがおおよその金額を知っておきたいのであれば、ご祝儀の平均値といわれている3万円に招待したゲストの数を掛けてみるとよいでしょう。

例:ゲスト30人×3万円=90万円、ゲスト60人×3万円=180万円

このように招待するゲストの人数が多ければ多いほどご祝儀の金額は高くなりますが、その分結婚式や披露宴の金額も比例して高くなるので注意しましょう。

マネーおじさん
結婚式にはさまざまな費用が掛かるんだ。自己負担金額は合計金額からご祝儀、親族からの援助を際し引いた金額になるんだ。

結婚資金でお金を借りる方法

結婚式を挙げたいけれどお金がないといった場合には、どこかでお金を用意しなくてはなりません。

親や親戚から借りることもできるケースもありますが、状況的に厳しいのであれば銀行や消費者金融のカードローンや、結婚資金のためのブライダルローンなどを利用するとよいでしょう。

それぞれのキャッシングについての違いや、一体どのように利用すればよいのかなど、メリット、デメリットについてもご紹介していきます。

銀行や消費者金融のカードローン

銀行や消費者金融などの金融機関で融資を受けるためには、申込を行ったのちに信用情報の照会や在籍確認などの審査に通過する必要があります。

ですが銀行のカードローンと消費者金融のカードローンでは、金利や審査の難易度、実際に手元にお金が入るまでの時間が大きく違うので注意しなければなりません。

銀行カードローンと消費者金融の特徴

借入限度額 融資スピード 審査の難易度
銀行 ×
消費者金融

つまり一度に多くの金額必要な場合は銀行のカードローンを利用したほうが、大きい金額を借りられる可能性は高くなります。

一方、スピード重視でお金の借り入れを行いたい場合は、消費者金融のカードローンを利用すると最短で30分程度で現金が手元に用意できます。

また銀行のカードローンでは大口の融資を受けられやすい反面、消費者金融のカードローンと比べると審査が厳しい傾向にあり、場合によっては消費者金融でも大口の金額を借りられることもあるので一度相談してみると良いでしょう。

上記のことを踏まえて銀行か消費者金融のどちらを利用するかは、自身の状況に応じて使い勝手の良いものを選び、返済総額を確認して無理のない返済計画を立てて必要な金額を借り入れるように心がけてください。

結婚資金専用のブライダルローン

銀行や消費者金融のカードローンは、目的に応じたさまざまな商品を提供しており、結婚資金の借り入れに利用できるブライダルローンというものを扱っている企業があります。

ブライダルローンとはその名の通り、結婚式や披露宴にかかる費用を借り入れることができるローンのことです。

結婚式の費用の平均金額は300万円を超えていることもあり、フリーローンのように少額の融資でまかなうことができないため、貯金が少ないが結婚式は挙げたいというカップルにとっては非常にありがたいサービスです。

マネーおじさん
結婚式の費用を工面するには、銀行や消費者金融のカードローン、ブライダルローンなどを利用することができるんだ。新婚生活に支障が出ないように、しっかりと計画を立てて無理のない返済ができるように心がけよう。

結婚式を挙げたカップルとそうでないカップルの離婚率

実は結婚後の離婚率は、結婚式を挙げた場合とそうでない場合で比べると違いがあるのです。

一体どちらの方が末永く一緒にいられる可能性が高いのか見ていきましょう

結婚式を挙げなかったカップルの離婚率

結婚式を挙げないカップルは全体の半数程度という厚生労働省のデータがあり、その中でも結婚式を挙げないカップルの離婚率はなんと3割近くにものぼるのです。

結婚式を挙げなかった既婚者が9.5%、離婚者26.3%

参考:みんなのウェディング既婚、離婚男女「結婚と結婚観に関する調査」

つまり10組のカップルのうち3組が離婚しているということになるため、結婚式の重要性が手にとってわかります。

では次に結婚式を挙げたカップルの離婚率について見ていきましょう。

結婚式を挙げたカップルの離婚率

結婚式を挙げなかったカップルの離婚率が3割程度であるのに対して、結婚式を挙げたカップルの離婚率が高いのかというと実はほとんど変わりないのです。

ですが多少ではありますが結婚式を挙げたカップルのほうが離婚率が低いのは事実であるため、どちらかといえば結婚式を挙げたほうが良いということになります。

また結婚式を挙げないカップルの中には一度きりの結婚ではないケースもあるため、周囲への配慮や経済面などの理由から結婚式を挙げていないこともあり、その点を考慮すると結婚式を挙げたカップルのほうが離婚しにくいということが想像できるでしょう。

離婚歴のある方の8割以上が婚礼セレモニーは「何もしていない」!?

離婚歴のある人の8割は結婚式を挙げてないという事実。そう考えると、結婚式を挙げることは、その後の夫婦関係に大きく影響するといえそうです。

参考:アニヴェルセル総研

上記の統計や周囲の意見にとらわれず、資金に余裕がありお互いが望んでいるのであれば結婚式を挙げたほうが良いかもしれませんね!

マネーおじさん
結婚式を挙げた場合と挙げなかった場合では離婚率に差があるんだ。

結婚資金でお金を借りる方法と結婚に向けてかかる費用まとめ

厚生労働省のデータではおよそ半数のカップルが結婚式を挙げており、残りの半数が結婚式を挙げていません。

ですが結婚式を挙げていないカップルの中には、式を挙げたいけれども資金面や私的な理由があるケースも含まれています。

また結婚式を挙げるためにはさまざまな費用が掛かるため、事前に貯金しておくか銀行や消費者金融などの金融機関から融資を受けなければなりません。

そのため結婚式を挙げる予定でいるのであれば、前もって準備しておくことが大切になります。

金銭面で不安が残らないように、大切な結婚式を清々しい気持ちで行えるようにしましょう。

マネーおじさん
結婚式の計画や資金の準備は前もって話し合っておくといいんだ。素敵な結婚式を挙げられるよう心がけよう。

-お金を借りる理由

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.