JICC日本信用情報機構で情報開示できることとCICとの違いを解説

投稿日:

JICCとCICでは共通する情報を取り扱っている面もありますが、登録内容や加盟している会社や金融機関に違いが見受けられます。

これからお伝えするそれらの違いを参考に、信用情報に不安がある方は自身の信用情報を確認してみましょう。

マネーおじさん
信用情報はJICCとCIC、全銀協という3つの機関に登録されているんだ。この記事ではJICCについて詳しく説明するよ。

JICCからはどんな信用情報が開示できる?

JICCから信用情報を開示してもらうための手続きは、決して難しくはありません。

しかし、あらかじめどのような情報が開示されるのか理解していないと、書面で信用情報の詳細を送られても理解するのに時間がかかってしまうでしょう。

以下、JICCに登録されている情報と登録期間、加盟している金融機関等を見ていきましょう。

JICCに登録されている5つの情報と登録期間

JICCに登録されている情報は、主に5つに分けられます。

  • 本人特定のための情報
  • 契約内容に関する情報
  • 返済状況に関する情報
  • 取引事実に関する情報
  • 申し込みに関する情報

それぞれの情報が指し示す意味合いは何となく理解できる方も多いのではないでしょうか。それぞれの内容と併せて、登録されている期間は以下の通りです。

登録情報 登録内容 登録期間
・本人特定のための情報 氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、身分証明書の記号番号等 各加盟会社との契約が継続している期間
・契約内容に関する情報 契約日、契約の内容、貸付日、貸付額、保証額等 完済日から5年間
・返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、残高、完済日、延滞等 完済日から5年間

(延滞は解消日から1年間)

・取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、強制解約、保証履行、債権譲渡等 事実発生日から5年間

(債権譲渡は1年間)

・申し込みに関する情報 本人特定情報、申し込み日、申し込み種類 申し込み日から6ヵ月

参照元:JICC日本信用情報機構公式ホームページ

大まかに考えて、本人を特定するための情報はクレジットカードや消費者金融との契約を解除しない限り続き、契約内容や返済状況、債務整理などの事実は5年間の登録期間が設けられていると考えて間違いはありません。

また、クレジットカードや消費者金融、銀行系カードローンへ「申し込んだ」という事実は、申し込み日から6ヵ月は保管されます。

仮に審査が通らなかったとしても申し込んだ事実は情報として保管されますので、他の消費者金融や銀行へ申し込んだとしても、審査が通らない事実は変わらないことを覚えておきましょう。

マネーおじさん
「信用情報」と一括りにして考えても、実は細かく分かれているんだ。登録内容が残る期間もそれぞれで違うから覚えておこう。

JICCに情報提供している会社は?

多くのサイトを参考にすると、「JICCは消費者金融会社の情報に強い」と目にすることもあるのではないでしょうか。

もちろん、消費者金融会社の信用情報も取り扱っていることから、消費者金融からの信用情報を主に参照したい方は、JICCで信用情報を開示するのが効果的だと言えるでしょう。

しかし、JICCに情報提供している企業は消費者金融だけではありません。

JICCに情報提供している、いわゆる加盟会員と呼ばれる会社は非常に多く、すべての企業を挙げるとキリがないほどと言えるでしょう。

その中には地方銀行やネットバンク、クレジットカード会社や信販会社など多様な企業が見受けられますので、消費者金融以外の信用情報も参照できると考えて間違いはありません。

また、三井住友銀行やみずほ銀行、三菱UFJ銀行の三大メガバンクの信用情報を取り扱っていないという情報もありますが、実際にJICCに加盟している銀行を調査したところ、加盟していることがわかりました。

その他にも横浜銀行やゆうちょ銀行も加盟会社一覧に名前がありましたので、多くの金融機関の信用情報を確認できると言えるのではないでしょうか。

主な加盟会員は以下の通りです。

消費者金融 クレジット・信販会社 銀行
・アコム ・アメリカンエキスプレス ・三井住友銀行
・プロミス ・セブンカードサービス ・三菱UFJ銀行
・アイフル ・クレディセゾン ・みずほ銀行
・モビット ・エポスカード ・楽天銀行
・フクホー ・楽天カード ・ゆうちょ銀行
マネーおじさん
自分が使っているクレジットカードやカードローンの借入先がJICCに加盟しているかどうかは、JICCの公式ホームページから検索できるよ。

携帯料金や闇金の情報も登録される?

JICCで信用情報を確認したいと考えている方の中には、消費者金融や銀行からの借入以外に、何かしらの借入や延滞の経験があるケースも見受けられます。

その代表的なケースと言えるのが、携帯電話の料金ではないでしょうか。

携帯電話の通話料金を延滞した場合、その事実が信用情報に傷をつけるのではないかと危惧している方も多いでしょう。

しかし、携帯電話の通話料金を延滞したとしても、信用情報に傷が付くことはありません。ただ、あくまで「通話料金」を延滞した場合のみです。

携帯電話本体の料金を分割で支払っていると、利用料金の中に本体の料金が含まれています。その本体料金を滞納してしまうと、JICCにその情報は登録されます。

auの母体であるKDDI株式会社はJICCに加盟していませんが、ドコモとソフトバンクは加盟会員会社として確認できましたので、該当するキャリアの機種を持っている方は注意が必要です。

また、消費者金融だけではなく、法外な利息を要求する、いわゆる闇金から借り入れて延滞した経験のある方も、携帯料金と同様に信用情報に傷が付くか気になるのではないでしょうか。

携帯料金とは対照的に、闇金から借り入れたお金はどれだけ滞納しても信用情報に傷が付くことはありません。

闇金は違法な業者であり、JICCの会員資格を取得することはおろか、営業している事実を公にすらできませんので、信用情報の心配をする必要はないでしょう。

マネーおじさん
携帯は本体料金を延滞した場合、登録内容が残る可能性があるんだ。闇金との関わりは信用情報には残らないから安心だね。

JICCとCICの違いとは?

JICCとは別に、CICと呼ばれる信用情報機構も存在しますが、双方には明確な違いが見受けられます。

JICCとCICの違いとして挙げられる代表的な要素は以下の2つです。

  • 加盟会社の数
  • 事故情報の登録内容と期間

特に事故情報の登録内容と期間に関しては、不安に感じる方も多い傾向にありますので、JICCとCICの違いを詳しく見ていきましょう。

CICはクレジットカード会社等の加盟会社数は多いが銀行は少ない

JICCとCICで比較した場合、総加盟会員会社数はJICCのほうが多く見受けられます。JICCの総加盟会員数は1,300超となりますが、CICは900超ほどしかありません。(2019年時点)

しかし、消費者金融やクレジットカードの加盟会員数に絞って言えば、CICのほうが多いと言えるでしょう。

そのため、特にクレジットカードの信用情報を知りたい場合、JICCと併せてCICでも信用情報開示手続きを進めるべきだと言えるでしょう。

また、銀行でCICに加盟しているケースが非常に少なく、三大メガバンクの三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行はいずれも未加盟となっています。

CICでは銀行関連の信用情報は確認できないと覚えておきましょう。

マネーおじさん
CICはクレジットカードの信用情報に強いんだね。クレジットカードは多くの人が使っているから、CICで信用情報を開示するケースも多いんじゃないかな。

JICCとCICでは事故情報の登録内容が違う

JICCで開示できる情報の内容はすでにお伝えしましたが、CICでも情報開示できる内容に大きな違いはありません。

しかし、登録される情報と、その情報が残る期間に違いが見受けられますので、該当する情報が気になる方は注意が必要です。

まず登録される情報の違いですが、多額の借入があり弁護士へ相談した後、任意整理へ踏み切るケースもあるでしょう。

任意整理の情報はJICCのみ登録内容として残り、CICではその記録は残りません。

ただし、保証会社に代位弁済してもらった場合、「異動」として記録が残りますので、任意整理をしたすべての方がCICに情報が残らないとは言い切れませんので覚えておきましょう。

続いて登録情報の期間ですが、申し込みや本人特定の情報、契約内容に関する情報が残る期間はJICCとCICで違いはありません。

違いが生まれるのは延滞したケースです。

JICCでは借入額の返済を延滞した場合、延滞解消日から1年が経過するとその情報は抹消されます。

対称的に、CICでは延滞解消日から5年もの期間、延滞した事実が記録として残りますので、クレジットカードなどの支払いを延滞した経験のある方は注意が必要だと言えるでしょう。

マネーおじさん
登録される内容と期間がJICCとCICで違うんだね。特に事故情報が気になる人は覚えておくんだ。

JICC日本信用情報機構で開示できる情報とCICとの違いまとめ

JICC日本信用情報機構で開示できる情報から、CICとの違いをご紹介しましたが、簡単にまとめると以下の通りです。

JICCで開示できる情報

  • 本人特定のための情報
  • 契約内容に関する情報
  • 返済状況に関する情報
  • 取引事実に関する情報
  • 申し込みに関する情報

JICCとCICの違い

  • 加盟会社の数
  • 事故情報の登録内容と期間

JICCには数多くの加盟会社が見受けられる関係から、いくつもの会社や銀行から登録されている信用情報が確認できるでしょう。

対称的に、CICではクレジットカード会社の信用情報を中心に確認できますので、必要に応じて確認したい情報の開示手続きを進めてくださいね。

-カードローン審査の基礎知識

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.