銀行お金借りる為の最低条件とは?学生、無職、主婦は借りれるのか解説

投稿日:

銀行からお金を借りるための最低条件として、「収入があるか」という点が挙げられます。

しかし、自身に一切の収入がない無職の方や専業主婦でも、銀行から融資を受けたいと考えるケースも少なくはありません。

そういった方のために、銀行からお金を借りるための最低条件を解説します。

融資を受けにくい印象のある学生も含めて解説しますので、銀行系カードローンの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

マネーおじさん
銀行からお金を借りることは簡単ではないけど、専業主婦や学生でも借りることができるよ!詳しくその理由を見ていこう。

銀行でお金を借りるための最低条件

銀行からお金を借りる場合の最低条件として、何よりも大切なのは「返済能力があるか」です。

一般的に「返済能力がない」と判断されやすい人の特徴として、以下が挙げられます。

  • 無職の人
  • 専業主婦
  • 学生
  • 未成年

銀行系カードローンを利用するために満たす必要がある申し込み資格から、上記特徴に該当する方がお金を借りられるのかどうかまで、詳しく見ていきましょう。

銀行でお金を借りるためには安定した収入は必要不可欠

前述しましたように、銀行からお金を借りるためには返済能力が必要不可欠です。

返済能力とは、いわゆる「安定した収入を得ているかどうか」で判断されます。

そのため、消費者金融よりも審査が厳しい傾向にある銀行では、収入の多さに加えて勤務先への勤続年数も重視されます。

また、当然ではありますが収入が一切ない無職の方が、銀行系カードローンに申し込んだとしても審査を通過することはありません。

3大メガバンクに数えられているみずほ銀行を例に挙げると、カードローンを申し込むための資格は以下の通りです。

ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方

引用元:www.mizuhobank.co.jp

安定した収入を証明するために、勤務先への在籍確認や借入希望額によっては収入証明書を提出することになります。

みずほ銀行の公式サイトには契約における条件や細かい流れまで記載されていますので、利用を検討されている方は参考にしてみてください。

マネーおじさん
銀行も貸したお金をしっかりと返してもらうために、申し込み者の属性を細かくチェックするんだ。審査のハードルは決して低くはないから、万全の状態で臨む必要があるんだ。

専業主婦ならお金を借りられる銀行は存在する

銀行からお金を借りるためには安定した収入が必要とお伝えしましたが、専業主婦も働いていない関係から収入はありません。

しかし無職の方とは異なり、銀行によっては専業主婦でもカードローンに申し込み、融資を受けることは可能です。

すべての銀行が実施しているわけではありませんが、一部銀行は配偶者貸付を実施しています。

一例ではありますが、イオン銀行が実施しているカードローンの申し込み資格は以下の通りです。

  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
  • ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
  • ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方。
  • 証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。

引用元:www.aeonbank.co.jp

資格の中には、「ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方」とありますので、専業主婦は該当しない印象を受けますが、以下の留意事項が追記されています。

「ご本人さまに収入のない場合は、配偶者さまに安定かつ継続した収入が必要となります。」

借り入れ希望額は50万円が上限となりますが、専業主婦でも旦那さんに安定した収入があれば、その情報を元に審査が受けられるのです。

消費者金融は貸金業法の総量規制対象となりますので、専業主婦の方が融資を受けることはできませんが、銀行は総量規制対象外となりますので、上記対応が可能と言えます。

しかし、注意事項としてあくまで申し込み資格を満たせるだけで、必ずしも専業主婦の方が審査に通過できるわけではないことを覚えておいてください。

収入がないという点では無職と専業主婦に違いはありませんが、一部銀行では「配偶者貸付」を行っている関係から、専業主婦でもお金を借りられるケースは考えられます。

マネーおじさん
配偶者貸付を実施している銀行は、探せば多く見つけられるんだ。地方銀行にも多いから地方に住んでいる人でも利用を検討できるんだ。

学生はアルバイトをしていれば銀行からお金が借りられる

大学生など、学生の間にお金を借りなければならない事態に遭遇することも少なくはありません。

その中でも、「学生だから」という理由から、お金を借りることが難しい印象を覚える方も多い傾向にあります。

しかし、学生の方でもアルバイトで安定した収入を得ていれば、銀行からお金を借りることは可能です。

お伝えしましたように、銀行のカードローンに申し込むための最低条件は、「安定した収入がある方」です。

そのため、勤務形態を問われることはありません。

ただし、審査基準が「学生だから」という理由から甘くなることもありませんし、毎日仕事をして収入を得ているサラリーマンとまったく同じ基準で融資可能か判断されます。

月に3万円など、お小遣い程度の収入しか得ていない場合には審査に通過するのは難しいので覚えておいてください。

また、大学生であろうと未成年の方はお金を借りることはできません。

銀行の申し込み資格でも必ず「20歳以上であること」が記載されていますので、併せて備えておきましょう。

マネーおじさん
学生でもお金を借りられるのは大きなメリットと言えるよね。ただし、銀行は審査も厳しいからそれなりに収入が求められることも覚えておくんだ。

どうしてもお金が必要な場合は消費者金融も視野に入れよう!

銀行からお金を借りるための最低条件として、以下の2点は必ず満たしておくべき要素と言えます。

  • 安定した収入がある
  • 成人している

後者は消費者金融でも同様に、最低限満たしておかないと融資を受けることはできませんが、前者の問題から銀行の審査に落ちてしまう方も見受けられます。

その場合には、消費者金融への申し込みも検討してみてください。

消費者金融はお金を借りた場合の金利が銀行よりも高いデメリットがありますが、その分銀行よりも審査に通りやすいメリットがあります。

また、銀行では「継続した」収入を求められますが、消費者金融は一概に同じ要素を求められるとは言えません。

消費者金融は貸金業法に基づいた、総量規制から融資可能か判断します。

総量規制は、利用者の年収の3分の1以上を貸金業者は貸してはいけないという法律です。

引用元:www.j-fsa.or.jp

そのため、1年間のうち、最後の3ヵ月だけ働いて年収が30万円しかなかったとしても、上限額が10万円であれば消費者金融は融資可能だと言えます。

銀行の審査に落ちた方が必ずしも消費者金融の審査を通過できるとは言い切れませんが、そもそも銀行の申し込み資格を満たせない方も含め、消費者金融の利用も検討してみてください。

マネーおじさん
銀行よりも消費者金融のほうが審査に通りやすいんだ。ただ、金利が高いことから借り過ぎには注意が必要なんだ。

まとめ

銀行でお金を借りるための最低条件をお伝えしましたが、まとめると以下の通りです。

  • 銀行からお金を借りるためには安定した収入が必要
  • 一部銀行では専業主婦でもお金を借りられる
  • 学生でも銀行からお金を借りられる
  • 銀行から借りられない方は消費者金融も検討するべき

銀行からお金を借りるためには、安定した収入と成人していることが最低条件として挙げられます。

それらに加えて、過去の滞納歴など信用情報も加味されますので、自身の信用情報も忘れずにチェックしてください。

-民間融資でお金を借りる方法

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.