フリーターがお金を借りる方法と条件を解説します

投稿日:

フリーターがお金を借りるには、消費者金融や銀行カードローンなどの方法があります。

安定した収入が保証できるのであれば、銀行のカードローンよりも消費者金融のキャッシングのほうがフリーターでも審査に通過しやすいです。

しかしキャッシングの審査を通過するためには、勤続年数が長いことや、年収が安定しており返済能力があることなどの条件が求められます。

フリーターがお金を借りるための方法やその条件などを詳しく解説します。

マネーおじさん
フリーターでも条件を満たせばお金を借りることはできるんだ

消費者金融やキャッシング!フリーターがお金を借りる方法を紹介

フリーターでもお金を借りることはできますが、安定した収入が保証できないため、勤続年数や在籍確認などお金を借りる際に注意しておくべきポイントがあります。

金融事故などがなければ、消費者金融のキャッシングであればフリーターでもお金をかりることができる可能性が高いです。

フリーターがお金を借りる方法やその条件を詳しく見ていきましょう。

フリーターがお金を借りる方法

フリーターがお金をかりるための代表的な方法は

  • 消費者金融
  • 銀行カードローン
  • 労働金庫や信用金庫のカードローン
  • 身内に借りる

上記のような方法が考えられます。それぞれの方法について、ひとつひとつ解説します。

消費者金融

フリーターがお金を借りるための代表的な方法が、消費者金融のキャッシングを利用すること。今ではテレビコマーシャルでも頻繁に流れており、消費者金融も身近なものになっています。

消費者金融によってはフリーターでも審査に通過することは可能で、申し込みの条件にもよりますが、20歳を超えていれば定職に就いていない人でもお金を借りられる可能性があります。

申し込みを行うときに仕事をしていないと審査通過は難しいため、アルバイトやパートでも働いておくことが大切です。

銀行カードローン

消費者金融ではなく、銀行でもカードローンによるキャッシングは行っています。

銀行カードローンは消費者金融に比べ審査の難易度が高い傾向にありますが、フリーターでもお金を借りることは可能です。

銀行カードローンを利用する場合は

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書第1表・第2表

といったものが必要なため、事前に準備をしてください。

ただし、アルバイトやパートとして採用をされてから1年が経過しなければ、源泉徴収票は発行されません。

消費者金融であれば給与明細書で対応してくれることもありますが、銀行カードローンでは対応不可となるため、一定期間仕事を続けていなければいけないことを理解しておきましょう。

労働金庫や信用金庫のカードローン

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを利用する人は多いですが、労働金庫や信用金庫でもお金を借りることができます。

労働金庫と信用金庫のカードローンはそれぞれ特徴があり、審査の所要時間が

  • 信用金庫の審査:1日で完了
  • 労働金庫の審査:およそ1ヶ月

上記のように大きく異なるため注意が必要です。

そのため、急遽お金が必要になった際は信用金庫のカードローンを利用しましょう。

しかし、カードローンの金利は労働金庫の方が低く設定されていることが多いです。信用金庫の平均金利は15.0%に対し、労働金庫はおよそ8.4%。将来的な返済額を抑えたい場合は労働金庫のカードローンを利用しましょう。

労働金庫の申し込み条件は18歳から利用可能ですが、信用金庫は20歳以上でなければ利用不可です。もちろん借入先によって条件は異なりますが、それぞれに特徴があるとわかります。

例えフリーターでも、正社員に比べると審査は厳しく見られますが、どちらでも借り入れはできるためぜひ利用してください。

◎参考:労働金庫
◎参考:全国信用組合中央協会

身内に借りる

消費者金融や銀行カードローンなどから借り入れをしたくない、もしくは借り入れができない場合は身内に借りるしかありません。

どの会社を利用しても借り入れをすると金利は必ずかかるため、実際に借りた金額よりも多く返済する必要があります。

その分、身内に借りれば金利はかからずお金を手にできる可能性は高いですが、人間関係が崩れる可能性があるためおすすめはできません。

マネーおじさん
フリーターでも金融機関からお金を借りることは可能なんだね

カードローンの審査に通らないフリーターの特徴

カードローンの審査は正社員でも必ず通過できるとは限らないため、安定した収入がないと判断されがちなフリーターでは、より審査が厳しくなる傾向にあります。

カードローンの審査に通らないフリーターの特徴を見ていきましょう。

勤続年数が短い

フリーターがカードローンの審査に落ちるケースとして代表的なものが、勤続年数が短いことで収入の安定性にかけることが原因です。

審査における一つの基準として、フリーターがカードローンを利用するには勤続年数が1年以上あることが好ましく、最低でも半年は勤続期間がなければ落ちる可能性が高まります。

勤続年数が短いと、すぐに仕事を辞めてしまう人と判断され、収入が安定していないため返済が遅れるといった問題が生じると認識されてしまいます。

キャッシング会社によっては、勤続年数が短いだけで審査落ちとなることもあるため、注意が必要です。

多額の借金がある

多額の借金があれば、審査落ちの可能性が非常に高いです。

他社から借り入れを行っている金額が高い場合や、複数の会社から借り入れをしている場合、返済が滞る可能性が高いと判断されるため、審査に通ることは難しくなります。

複数のキャッシング会社から借り入れを行っている人は、場合によっては申し込みブラックになっている場合もあるため注意が必要です。

フリーターで借り入れ先が2件以上あると、審査に通らないと認識しておきましょう。

過去に金融事故を起こしている

過去に金融事故を起こしていると審査落ちは濃厚です。

金融事故とは

  • 長期の延滞
  • 自己破産や個人再生といった債務整理
  • 代位弁済

といったものが挙げられ、個人信用情報機関に名前が登録されることをいいます。

個人信用情報機関に名前が登録されると、5年から10年は情報は消えません。
そのため、その間は金融機関からお金を借りることが難しいです。

日本にある個人信用情報機関は

  • シー・アイ・シー
  • 日本信用情報機構
  • 全国銀行個人信用情報センター

の3つがあります。

フリーターだけでなく、例え正社員として働いている人でも審査落ちはほぼ確実なため、金融事故には十分注意してください。

年収が少ない

金融機関からお金を借りる上で、当然ですが必ず返済しなければいけません。返済能力があるか審査では見られるため、年収がどれくらいあるかは重要なポイントです。

特にフリーターは正社員に比べて収入が安定していないと判断されやすいため、年収が低ければなおさら審査には通りにくくなります。

保証人を立てれば問題ないと考える人もいますが、今では保証人不要で借りられる金融機関も多いため、できれば頼りたくない部分です。

明確に審査に通過できる年収が明示されている訳ではありませんが、返済能力に難があるとされないためにも、最低でも60万円以上の年収を意識してください。

マネーおじさん
審査を通過するには信用できる人物と判断されなければいけないんだ

フリーターがお金を借りるには消費者金融のキャッシングがおすすめ

最近ではフリーターや主婦も申し込み対象である消費者金融も多いため、フリーターでも安定した収入が継続してあることが認められれば、大手消費者金融から融資を受けられる可能性があります。

大手消費者金融は新規入会で30日間利息0円といったキャンペーンや、即日審査、即日融資に対応している消費者金融もあるため、急ぎでお金が必要な人におすすめです。

審査に通るための方法

消費者金融の審査に通るためには

  • 借り入れ金額の希望額を低めに設定する
  • 掛け持ちしている仕事は全て申告する
  • 社会保険に加入をする
  • いくつもの消費者金融に申し込みを行わない
  • 申込書に虚偽の情報は記載しない

といったポイントを抑える必要があります。

借り入れ希望額を高めに設定すると、返済できるか不安視されるだけでなく、お金に困っていると認識されるため金融機関の印象は良くありません。

在籍確認には注意

消費者金融のキャッシングを利用する際、申込書に記載されている勤務先で本当に働いているかを確認するため、在籍確認の電話を行います。

キャッシングを利用することを周囲にバレたくないと考えている人は多いですが、在籍確認が取れなければ審査落ちは濃厚なため、申し込みをしたら勤務先に電話連絡が入ることを必ず伝えてください。

本人以外でも職場にいることがわかれば、金融会社の審査に通過できる可能性があります。

おすすめの消費者金融

フリーターにおすすめの消費者金融は、業界最大手の消費者金融であるアコムです。

30日間金利0円で借り入れができるほか、審査は最短30分で完了するため即日融資も可能。フリーターでも申し込みができ、審査通過率も比較的高いことが特徴です。

土曜日や日曜日、祝日でも自動契約機で手続きが進められるため、平日に申し込みをすることが難しい人でも利用することができます。

アコムの金利は3.0%から18.0%と業界では平均的な数字です。借り入れは最低1万円から最高800万円まで利用できるため、急にお金が必要となった場合でも支えになってくれます。

マネーおじさん
フリーターでもお金を借りやすいアコムはおすすめの金融機関なんだ

まとめ

フリーターがお金を借りる方法とその条件について、詳しく解説してきました。

  • フリーターが借り入れをする場合は審査に通りやすい消費者金融がおすすめ
  • 審査を通るには複数社に申し込みをしない
  • 安定した収入があることをアピールする

フリーターがお金を借りることは、ポイントを押さえておけば決して不可能ではありません。

銀行カードローンや信用金庫に借りるといった方法もありますが、消費者金融の審査難易度は比較的低いためフリーターでも審査通過しやすいです。

勤続年数も含め、消費者金融からお金を借りるには複数の条件があります。自分の条件にあった借り方で、お金を借りましょう。

マネーおじさん
フリーターの場合お金を借りられる可能性を高めるためには、消費者金融に借り入れをすることが重要だね

-属性別お金の借り方

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.