大学生がお金を借りる方法と貸してくれる金融機関と貸付条件を紹介

投稿日:

大学生も利用できる学生ローンやカードローンなどが充実する現在は生活費用の借入などが随分カジュアルなものとなりましたが、借入でのやり繰りには1つ間違えると簡単に多重債務に転落する危険性も潜んでいます。

大学生活の中のやり繰りで金銭管理や生活費用などの資金調達なども大学生のうちに身に付けておくべき重要なスキルだと言えるでしょう。

大学生が安全にお金を借りる方法、貸してくれる金融機関、貸付条件を紹介します。

マネーおじさん
大学生だからこそ、ご利用は計画的であるべきなんだ。

就職前の大学生でも一定の条件を満たせば借入は可能

大学生でも20歳未満の場合は民法で定める「未成年者保護規定」の規制を受け契約行為が認められておらず、未成年者が交わした契約は取り消すことができるため一般的に金融機関では未成年者に対する貸付を行っていません。

未成年者が契約を行う際には法定代理人(通常は親)の同意が必要となり、満20歳に達するまでは親の同意なしに借入はできません。

20歳以上でも借入の際には一般的に審査と呼ばれる与信調査を通過する必要があり、金融機関の審査時には返済能力を量るために「安定した定期収入を有すること」が求められます。

返済能力と聞くと就職前の大学生では審査通過が難しく捉えられがちですが、バイトなどで一定の収入があれば大学生でも社会人同様に与信枠(借入限度額)が得られ借入を行えます。

マネーおじさん
準社会人として扱われる大学生でも、成人するまでは契約行為が行えないんだ。だから未成年はスマホ購入時も親の同意書が必要なんだ。

大学生でも借入が行える6つの金融機関

大学生でも借入契約できるのは公的融資・民間銀行・ノンバンクの3つに大別することができ、次に挙げる6種類の金融機関が該当します。

  • 独立行政法人日本学生支援機構
  • 社会福祉協議会
  • 銀行や信用金庫
  • 学生ローン専門会社
  • 消費者金融
  • 信販会社

上記の金融機関の取り扱う大学生でも利用できる融資商品を紹介します。

大学生の最もポピュラーな借入先である奨学金

大学生にとって最も身近な借入と言えば各種奨学金ですが、独立行政法人日本学生支援機構は公的奨学金制度を取り扱い大学生・大学院生・専門学校生を支援しています。

また社会福祉協議会が扱う教育支援資金は利息や利子が一切発生しない魅力的な奨学金だと言えますが、生活費への流用ができないなどの縛りが存在します。

公的融資を行う機関だけに提出書類や審査などの手続きが少々面倒ですが、無利子や低金利で利用可能である点は大きなメリットだと言えます。

独立行政法人 日本学生支援機構公式サイト:www.jasso.go.jp
社会福祉法人 全国社会福祉協議会公式サイト(社会福祉資金):www.shakyo.or.jp

民間銀行系の貸付には審査のハードルが低い融資商品も存在する

民間銀行と呼ばれる銀行や信用金庫などの金融機関が提供する教育ローンや学資ローンは低金利である反面、審査基準を高く設定してあるため一般的に利用のハードルが高めだと言われています。

しかし、利用限度額内であれば何度でも借入を行えるカードローンは審査基準が比較的低めに設定されており、バイトの収入を提示すれば大学生でも比較的簡単に与信枠が与えられる便利な金融商品ですので利用価値が高いと言えます。

学生専用の学生ローン

大学生を中心とした学生専用に提供されるのが学生ローンで、学生向けのため審査基準は緩めですが利用限度額は低めで貸付金利は高めに設定されています。

小規模な金融機関が提供する傾向にあり、審査の際に親への確認やバイト先への在籍確認を行なわず、確認の電話で親バレ・バイト先バレするリスクが低いなど大学生のニーズに沿った柔軟な対応をしているのが特徴です。

未成年でも契約できるクレーソーンの会社も存在しますが、借入は20歳以上の利用が原則ですので未成年に貸付を行う学生ローンは敬遠すべきだと言えます。

東京都内で学生ローンを提供する専門業者の1つイー・キャンパスの公式サイトを紹介します。

ご来店不要全国どこでもお申込み可能!1万円~80万円までご融資可能!

引用元:イー・キャンパス公式サイト

手軽な借入で知られるカードローン

テレビCMでおなじみの消費者金融が提供するカードローンは一見社会人向のように見えますが、銀行系カードローンよりもさらに審査基準が低く設定されており大学生も利用可能です。

消費者金融の利用に対して抵抗感を持つ方も居るでしょうが、大手消費者金融は現在銀行と提携を行い健全な運営がされているので安心して契約できる金融機関に変化しています。

貸付金利は各社異なりますが、即日融資を謳うケースが多く全体的に審査期間が短いのが特徴です。

クレジットカードでのキャッシング

ネット通販の決済手段として大学生のマストアイテムの1つであるのがクレジットカードですが、一般カードよりも審査基準を緩く設定し利用限度額を抑えた大学生向けのクレジットカードが数多く存在します。

キャッシング機能を実装していればATMから簡単に現金の借入を行うことができますが、キャッシング機能の利用は原則20歳以上が対象となり未成年者の場合は親の同意が必要となります。

購入金額に対してポイント還元が行われ海外旅行先でキャッシングができるなど、クレジットカードにはメリットが多いため審査基準が緩く設定される大学生のうちに契約しておきたいものです。

マネーおじさん
大学生でも借入できる金融機関は少なくない。未成年は親の同意が必要だけど成人後に安定した定期収入があれば大学生でも借入は可能ということだね。

金融機関から借り入れを行う際の注意次項

金融機関からの借入を上手に使うことができれば大学生活に潤いをもたらすことができますが、借入を行う際に注意すべきことがいくつかあるので紹介しましょう。

利用上限には貸金業法の総量規制が大きく影響する

大学生が利用できる借入の多くが個人向け無担保融資にカテゴライズされ、貸金業法の総量規制によって利用限度額が「利用者の年収の1/3以内」に規制されており、年収の1/3以上の借入はできません。

利用者の借入状況は金融機関が加盟する信用情報機関内で共有されており、金融機関1社のみの話ではなく全ての借入が年収の1/3までに制限されます。

仮にバイトの収入が月額10万円の場合は10万円×12ヶ月÷3の40万円が利用上限額となり、仮に1社で30万円の借入を行うと他社の借入枠が10万円以内しか残っていないことになります。

信用情報は全ての金融機関で共有されるので、借入申込時に虚偽の内容を記載しても金融機関は簡単に突き止め、審査通過は難しくなりますので借入は計画的な利用が必要です。

貸付金利(実質年利)に要注意!

大学生にとって借入の返済負担は決して小さなものではありませんが、返済額を抑えるために返済期間を長期化すると余分な金利を支払うことになるので、あらかじめしっかりとした返済計画をたてておくべきです。

貸付の上限金利は利息制限法で次のように定められているので、借入の際には%で表される金利から発生する利子を算出して返済総額がいくらになるかを意識して下さい。

  • 10万円未満の貸付:年利20%以内
  • 10~100万円未満の貸付:年利18%以内
  • 100万円以上:年利15%以内

短期間の借入申込が多いとブラックリスト入りすることも

信用上情報機関の信用情報が金融機関で共有されていることは既にふれましたが、信用情報には利用申込記録も含まれるため短期間に複数の借入申込をすると「お金に困っている」と判断され審査を通過できなくなる「申込ブラック」に陥ります。

申込ブラックの明確な規定はありませんが、一般的に1ヶ月間に3~4社以上の利用申込を行うとブラック入りし、申込ブラックの情報は信用保証機関のデータベースに6ヶ月間記録され続けます。

マネーおじさん
大学生でも借入できるのはありがたいけど、調子に乗ってガンガン使うとあっという間に利用不能になるから要注意。新規借入ができず返済だけが残るのは最悪のパターンだから気を付けて。

便利な反面、金融機関からの借入にはリスクが潜む

大学生でも借入の返済が遅れた場合は延滞損害金が発生し、延滞が続くと金融事故として扱われ事故情報が信用情報機関に登録(一般的にブラックリスト入りと呼ばれる)されるなど社会人同様のペナルティが課せられます。

金融事故情報が登録されると完済後約5年間は現金決済以外の金融取引が停止され社会人デビュー後にも大きく影響しますし、仮に金融業界への就職を希望しても金融事故の当事者に対しては道が閉ざされると考えるべきです。

月々の返済額が現実的であるかの判断が重要

既述のとおり大学生が利用できる借入額は総量規制で規制されますが、一定の借入希望額までは収入証明書の提出を求められないためバイトで得る収入を多めに申請し、利用限度額を増額する大学生は少なくありません。

高額の借入を行っても月々の支払額は一定で毎月の負担を抑えるリボ払いは、大学生にとってありがたいシステムのように見えますが、金利が高めに設定されているため返済しても借入元金が減りづらいので、注意が必要です。

自分のバイト収入に対して月々の返済額が多くなりすぎ、返済を新たな借入で賄う自転車操業に陥ると多重債務で返済不能となることは目に見えていますので、万一返済額が負担に感じるようであれば親に頭を下げて一括返済するべきだと言えます。

要注意!絶対に利用してはいけない借り入れ方法もある

インターネット上には「個人間融資掲示板」が存在し、裕福な貸主が慈善的な融資を行っているかのような書き込みが多く見られますが、実態は闇金業者や保証金・手数料の名目で振り込め詐欺を目論む詐欺師の確立が非常に高い危険なサイトですので利用してはいけません。

また一部の大学生の間ではクレジットカードでの購入商品売却などで現金を得る、「クレジットカードのショッピング枠現金化」が金融システムの盲点を突いた効率的なお金の入手方法だと考えられているようですが、利用するべきではありません。

ネット上では「クレジットカード現金化はグレーゾーンで利用者に害が及ばない」などの情報を散見しますが、利用者に横領罪や詐欺罪が適用される可能性が高くクレジットカード現金化業者は横領罪や詐欺罪、古物商法違反が適用されるケースが少なくありません。

業者を使わず自分でネット転売を行う場合も現金化業者同様に扱われる可能性があり、クレジットカード会社に知られるとカードの利用停止、強制退会の措置が取られ信用情報に傷が付きますのでくれぐれも手を出さない様に気を付けて下さい。

クレジットカード会社は、換金を目的とするクレジットカードの利用を認めていません。

このことは、クレジットカード会社とカード会員との約束事である「クレジットカード会員規約」に記載されています。

また、クレジットカードで現行紙幣・貨幣を購入することはショッピング枠の現金化に該当します。

このようなことは、規約違反として、「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」等のペナルティを受けることにもなります。

引用元:一般財団法人クレジット協会公式サイト

マネーおじさん
自力返済を行いたい気持ちは大切だけど、無理な返済計画で将来を棒に振ってしまうともったいないよ。大学生だから親に甘えることも許されるはず。

大学生でも借入ができる金融機関と貸付条件のまとめ

大学生が借入の利用ができる金融機関は次の6種類存在します。

  • 独立行政法人日本学生支援機構
  • 社会福祉協議会
  • 銀行や信用金庫
  • 学生ローン専門会社
  • 消費者金融
  • 信販会社

また上記金融機関の契約条件として最低限次の3つを満たす必要がります。

  • 20歳以上であること
  • 未成年の場合は親の同意があること
  • バイト収入など安定した定期収入があること

金融機関から借り入れを行う際には次の3つのポイントに注意すべきです。

  • 利用上限には貸金業法の総量規制が大きく影響する
  • 貸付金利(実質年利)に要注意
  • 短期間に多くの借入申込をするだけでブラックリスト入りする

さらに金融機関の借入には

  • 金融事故を起こすとブラックリスト入りする
  • 個人間融資掲示板やクレジットカード現金化は刑事処分の対象となる

などのリスクが潜んでいることも忘れるべきではありません。

お金の借入は大学生活を豊かにさせることも将来を台無しにすることもできるもろ刃の剣であることを忘れずに上手に利用して下さいね。

-属性別お金の借り方

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.