お金を借りるならどこがいい?即日融資も可能【18選】

お金を借りるならどこがいい?即日融資も可能【18選】

急いでる場合は即日融資ができる消費者金融がおすすめ

ちょっとお金を借りたい...。と考える多くの人が「今日中にお金を借りる方法はないのか?」というニーズをもっています。

2017年に銀行カードローンの即日融資は金融庁の実施した「銀行カードローンの実態調査結果」の結果、金融庁から指導を受け、銀行の即日融資は廃止されてしまいました。

今日中にお金借りる事ができる、『即日融資』も可能なカードローンは現在、消費者金融だけとなっています。

今すぐお金を借りたいならこの3社で決まり!

消費者金融のカードローンにもそれぞれ特徴がありますが、「今日中に必要、、。」という方は、実績のある大手消費者金融として、プロミス・アコム・モビットのどれかを選ぶのが無難です。

プロミス

モビット

アコム

消費者金融が何故おすすめ?

消費者金融は審査の厳しい銀行カードローンとは違い、毎月安定した収入さえあればパートアルバイトの方でも利用できる利便性の高い金融機関です。

冒頭でも紹介した様に、即日融資に対応しているカードローンは消費者金融だけなので、すぐにお金を借りたい方にはおすすめです。

実質年率で比べると、銀行カードローンの方が魅力的と感じる人もいるとおもいますが、利息の負担も月に換算すると数十~数百円程度しか変わらない為、実質年率が安いから銀行カードローンを選ぶというのはあまりおすすめできません。

勤続年数も5年以上で年収も安定していて、他に借入がなく、緊急性がないお金を借りたい場合は、銀行カードローンを選んでも良いと思います。

次に、消費者金融の4つの特徴を紹介します。

初心者でも利用しやすい消費者金融

銀行にはカードローンの他にも多くの融資商品があります。

それに比べて消費者金融はカードローンが主軸の事業で豊富な審査実績やノウハウがあり、個人相手の融資には慣れているといえます。

その実績が、審査や使い勝手におけるカジュアルさに繋がっており、利用者からも高く評価されています。

あわせて読みたい

無利息でお金借りるサービスが充実

代表的なサービスとして、無利息サービスがあります。

無利息期間は多くのサービスで30日間無利息となっていますが、同じ30日間でも日数のカウント方が2つあります。

  1. 契約した翌日から30日間カウント開始
  2. 実際に借入した翌日から30日間カウント開始

契約をカードローンを締結した日と、実際に借入を行った日からカウントする事があります。

「実際に借入した翌日から30日間カウント開始」の方法を用いているカードローンの無利息期間の方が借りる方にとっては有利となります。

借入サービス名 無利息期間
プロミス 初回ご利用日翌日から30日間
アコム 契約日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間
レイクALSA 契約日の翌日から開始
SMBCモビット 無利息サービスなし

上記の様に無利息サービスはを行っている大手消費者金融は4社になります。無利息サービスを利用するのにはカードローンサービスごとにそれぞれ条件があります。

プロミスの無利息サービスを受ける条件

プロミスをはじめてご利用いただくお客さまのうち、メールアドレスをご登録のうえ、Web明細をご利用いただくお客さま。

引用元:cyber.promise.co.jp

他のカードローンの無利息サービスの条件についてはこちらでは割愛させていただくので気になる方は下記の記事を参考にご覧ください。

あわせて読みたい

融資までのスピードが圧倒的に早い!

消費者金融の魅力はこちらのページで何度も紹介しているように、申込から借入までスピードにあります。

2017年までは銀行カードローンでも即日融資は可能でした、銀行の中には最短60分融資をうたう銀行もあり、消費者金融に負けないサービスを展開していました。

しかし、2018年1月から、審査時に申込者のデータを警視庁のデータベースと照合が銀行に義務付けられ、そのデータ照合に1日以上の時間が必要な為、実質、銀行カードローンは即日融資を行えなくなってしまいました。

時代の流れの中で、今すぐお金を借りたいというニーズを満たせる業者は消費者金融のみとなってしましました。

あわせて読みたい

銀行カードローンはお金を借りにくい(涙)

先ほども紹介しましたが、2017年より前は、総量規制対象外を前面に押し出しユーザーメリットあふれるカードローンを複数展開していた銀行ですが、

銀行の自主規制により、ほぼ貸金業法(消費者金融の貸付に対する法律)同等となりより厳粛な審査基準が設けられています。

2018年1月より、申込者のデータを警視庁データに紹介することが法律で決められてしまったため、即日融資は実質不可能となってます。

国会や法曹界で多重債務問題を助長しているとの批判が強まっているため。上限額を下げたうえで利用者の正確な年収を把握し、過剰な融資を防ぐ。銀行は貸金業法の適用外で残高を大きく伸ばしてきたが、個人向け金融事業の見直しを迫られる。

引用元:銀行、カードローン抑制 多重債務問題に対応(日経新聞)

あわせて読みたい

銀行でお金を借りる

基本的なカードローンの申込み手順について

カードローンの最大の魅力は申込をスマホや全国に設置された無人契約機で行う事が出来る利便性にあります。

基本的に、どこの会社も申込は、複数準備されてるので、その中から、あなたにピッタリの申込方法を選びましょう。

  • パソコンやスマホを使った申込
  • 店舗や無人契約機に来店して申込
  • 電話での申込
  • 郵便での申込

あなたがもし即日融資を希望している場合、申し込みはネットを利用したスマホやPCからの申込がおすすめです。

来店申込をしたい場合は、事前に申し込みだけ済ませておく事で審査時間の待ち時間を大幅に短縮する事が出来ます。

まずは、スマホかPCからネット経由で申し込み、審査通過の連絡がきてから来店し、契約、融資を受けるという手順が最もスピーディーに無駄時間なく融資を受ける事が出来ます。

最近では、一定の条件を満たせば、振込までをWebで完結可能する事ができる、キャッシュレスサービスのあるカードローンは契約機まで、来店しなくてもいいのでオススメです。

PICK UP


プロミスならキャッシュレスで借入可能!

プロミスは契約時にカードの「あり・なし」が選べるようになっていて、カードなしで契約した人は、振込キャッシングやセブン銀行のATMで借りることが出来ます。

カードなしでATMを利用したい場合は、プロミスの専用スマホアプリを利用してセブン銀行ATMから借入します。

プロミスの申込~借入の流れ

プロミスの申込~借入の流れ

画像引用:プロミス公式サイト

  1. ネット申込
  2. 申込完了メールの受信
  3. 仮審査通過
  4. 在籍確認の電話
  5. 書類提出メールの受信
  6. Web上で本人確認書類を提出
  7. 本審査通過
  8. 契約内容案内の電話
  9. 契約内容事前確認のお願いメールを受信
  10. メールに承諾
  11. 契約完了
  12. 振込やATMで借り入れ

プロミスなら申込から借入まで最短1時間融資も可能です!!

詳しくはコチラ


借りるにはカードローンだけじゃない!

ここまでは、カードローンを中心に活用術を紹介してきましたが、カードローン以外にも借入する選択肢はたくさんあります。

お金がどうしても必要になってしまう理由は人それぞれだと思います。

  • 急な出費で生活費が足りない。
  • シングルマザーになってしまい突然収入が激減してしまった。
  • 転職先を探し中で収入が全くない。

他にもいろいろな事が考えられます。カードローンを申し込みたいけど申込条件を満たせてない、、、。自分の状況にあった選択肢を増やす為にも活用したいのが公的機関の実施している融資制度です。

公的機関の融資制度でお金借りる

国や自治体から、借りる制度があることをご存知ですか?貸付には利用者側の条件や目的が限定されます。

もし、ここで紹介する方法で自分の条件に合致するものがあれば、民間や銀行・消費者金融より好条件で借入することも可能です。

求職者支援資金融資制度を利用する

求職者支援資金融資制度でお金を借りる

厚生労働省・都道府県労働局・ハローワーク・ 求職者支援制度・雇用保険を受給できない方が早期に就職できるように、スキルアップのための訓練期間中の生活支援を行う制度。

引用:www.mhlw.go.jp

これから働きたいと思っている人をしっかり国がサポートしてくれる融資制度です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金で借入するには

母子父子寡婦福祉資金貸付金でお金を借りる方法

ひとり親家庭、寡婦家庭等及び母子・父子福祉団体に資金を貸し付けてひとり親家庭等の経済的自立を助け、生活意欲の助長を図り、あわせてその児童(子)の福祉を増進することを目的とした制度です。

引用:zenbo.org

両親の揃っている家庭に比べて収入面で困ることが多い傾向にある、母子家庭・父子家庭の子供に充分な教育環境や心身の健全な発育、本人の労働や家事の負担などを軽減させるため、自治体により、ひとり親家庭に金銭を援助して健康的な生活を支援するための制度です。

生活福祉資金貸付制度で融資を受ける

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法

「銀行や消費者金融でも借りれない…この国に俺にお金を貸してくれる人はいないのか?」そんな時は【生活福祉貸付金制度】の利用を検討してみましょう。

  • 生活費も足りないほど困窮している
  • 子供の進学費用の支払いができない

いろいろな事情の中で、銀行や消費者金融にの審査に通らない特殊な環境の場合、申込み自体ができない場合もあります。

収入が少ない世帯等に対して貸付を行い、自立できるサポートをする制度「生活福祉資金貸付制度」を利用すると、無利子非常に低金利で借入することもできます。

教育一般貸付で貸付を受ける

教育一般貸付でお金を借りる方法

ご家庭の状況に応じて、金利・返済期間・保証料が優遇されます。

母子/父子家庭
金利 年1.38%
返済期間 最長18年
保証料 通常の2/3
交通遺児家庭
金利 年1.78%
返済期間 最長18年
保証料 通常の2/3
  • 扶養するお子さまの人数が3人以上で世帯年収500万円(346万円)以内の方
  • 世帯年収200万円(122万円)以内の方

※ ()の金額は事業所得者の場合の所得上限額です。
引用:www.jfc.go.jp

教育ローンには、大きく分けて「国の教育ローン」と「民間の教育ローン」の2種類があるのをご存知ですか?

国の教育ローンは、民間のそれに比べて、金利も低く返済期間も長期で設定されているので、とても利用しやすいものになっています。

ここではそんな国の教育ローン「教育一般貸付」を利用もおすすめです。

年金担保貸付でお金借りる

年金担保貸付でお金を借りる

年金担保融資制度は、国民年金、厚生年金保険または労働者災害補償保険の年金を担保として融資することが法律で唯一認められた制度です。

保健・医療、介護・福祉、住宅改修、冠婚葬祭、生活必需物品の購入などの支出のために一時的に小口の資金が必要な場合にご利用いただけます。

引用:www.wam.go.jp

例えば、入院や手術費用、介護用器具の購入費用、事業維持のための費用はもちろん、家賃や光熱費、税金の滞納費用も借り入れ対象となります。

やっぱり借りやすい?民間の金融機関で融資を受ける方法

公的機関からお金を借入するには、厳しい条件や審査を通過する必要があり、誰にでもおすすめできるものではありません。

多くの人が借入する事ができるのは、民間の金融機関、消費者金融銀行だと思います。

消費者金融や銀行でお金借りる方法、中小の街金(消費者金融)、クレジットカードのキャッシング枠、絶対に利用してはいけない闇金について紹介していきます。

銀行でお金借りる方法

個人融資の金利が群を抜いて低金利なのが銀行融資の最大の特徴です。

その反面、審査が厳しい一面もあり、社会的なステータスを求められるお金借りる方法になります。

現在、銀行カードローンが金融庁から指摘を受け、その審査基準はさらに厳しくなりつつあります。複数の借入や経験がある方、パート・アルバイトの方は申込しない方が無難です。

あわせて読みたい

銀行でお金を借りる方法

消費者金融でお金借りる方法

消費者金融でお金を借りる方法

銀行と比べて金利は高いけど、サービスは充実してるのが消費者金融の特徴です。

なかでも、申込当日にお金借りる事「即日融資」が最大の人気の理由です。

時間がない場合には、消費者金融という選択肢を検討するのも一つの方法です。

クレジットカードのキャッシング枠でお金借りる方法

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法

クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つが設けられています。

クレジットカードを申込すると、カードとともに送付される利用条件の中には、「○○万円まで」キャッシング枠が記載されていることがあります。

キャッシング枠は、提携のATMから上限金額の範囲内までお金を現金で借りることができます。

キャッシング枠が設定されているクレジットカードは、クレジットカードとカードローンが一体化したカードとして利用できます。

カードローンに比べると高金利の事が多く利用には注意が必要です。

街金(中小消費者金融)で借りる方法

街金(中小消費者金融)でお金を借りる方法

消費者金融でというと、まず浮かんでくるのがプロミスやアコム、アイフルといった大手貸金業者ではないでしょうか。

困った時の強い味方となる大手消費者金融ですが、多重債務や申込ブラックになると借入が難しくなります。

こうした時でも、融資うける事ができる可能性があるのが「街金」と呼ばれる中小消費者金融です。

闇金で借りる方法(騙されないための基礎知識)

闇金で借りる方法(騙されないための基礎知識)

闇金業者からお金を借りた場合のデメリットは、想像以上です。闇金の怖さ、注意を喚起する為にも、闇金での借入方法についてご紹介します。

貸金業を営む者は、主たる営業所等の所在地を管轄する財務局長又は都道府県知事の登録を受けなければならないこととなっています。

借入れをする場合には、当該業者の登録の有無を確認し、登録の確認ができない業者からは、絶対に借入れしないで下さい。

引用:www.fsa.go.jp

まだまだあるお金の借りる方法

一般社団法人の生活サポート基金で借りる方法

一般社団法人の生活サポート基金でお金を借りる方法

生活サポート基金は多重債務・債務整理・債務相談等の生活再生を目的とした貸付やカウンセリング・コンサルティングを行っている一般社団法人です。

引用:www.ss-k.jp

生活サポート基金はお金の問題で困っている人の相談にのってくれたり、お金を貸してくれたりと、生活の安定化に向けてサポートしてくれるところで、特に生活再生ローンはお金に困っている人にとってとても助かるサービスです。

生命保険の契約者貸付制度での融資

あわせて読みたい

定期預金担保貸付でお金借りる

定期預金担保貸付でお金を借りる方法

総合口座で管理する担保定額貯金や担保定期貯金を担保とする貸付けです。通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、その不足分が自動的に貸し付けられます。

引用:www.jp-bank.japanpost.jp

さまざま金融機関が提供している「定期預金担保貸付」は融資の手段として有効です。

キャッシングやカードローンを利用すると高い金利を支払う必要がありますが、定期預金担保貸付であれば金利負担を少なくしてお金の調達が可能です。

定期預金担保貸付はどのようなものか、メリットやデメリット、各金融機関の金利比較を解説していきます。

社内(従業員)貸付制度で借入

社内(従業員)貸付制度でお金を借りる方法

福利厚生の1つである社内貸付制度という制度を利用すれば、勤務先の会社から借入することができます。

一般的には在籍期間が5年以上かつ正社員といった条件を提示している企業が多いですが、在籍期間が1年以上で利用できるケースやもっと厳しい条件を提示している企業も存在しているため、制度を利用する際は担当者に確認してみるとよいでしょう。

身近な人(親・親戚・友人)からお金を借りる

身近な人(親・親戚・友人)からお金を借りる方法

友達にお金を借りるのは最終手段のようなもの。

それでも、どうしてもお金が必要なときには、友達を頼りにするのもひとつの方法です。

友達だからといって、お金の貸し借りを安易に考えていると、さまざまなトラブルに発展する恐れがあります。

まとめ

個人個人のお金が必要な事情は違います。いざ、お金を借りるのに適した金融機関を自分で選定する事は難しいものです。

  • 当日中にお金を借りたい…
  • お金を借りる事で損したくない…
  • お金を借りたいけど消費者金融はちょっと…

お金が必要になる理由はそれぞれ違うものです、多種多様なニーズが存在します。

一概にすべての人に「ここで良い」とは言い切れません。

こちらの記事が、あなたのお金の悩みを前向きに解決するサポートになれるように日々新しい情報を提供できるようにマネポリーは運営されています。

Copyright© マネポリー , 2019 All Rights Reserved.